Home >News > ProMED翻訳情報(230回) ~コンゴの狂犬病の現状~

ProMED翻訳情報(230回) ~コンゴの狂犬病の現状~

2014.01.22

RABIES – CONGO REPUBLIC (02): (POINTE-NOIRE), HUMAN
狂犬病 コンゴ共和国(02)(POINTE-NOIRE)、ヒト
***************************************************
Date: Sat 28 Dec 2013
Source: Afrique en ligne [edited]

日付:2013年12月28日(土)
情報源:Afrique en ligne(編集済)

An epidemic of rabies that broke out in Pointe-Noire, [Republic of] Congo last August [2013] has killed 9 people, according to the country’s Health and Population Ministry. The Ministry said the 435 people who were bitten by dogs include 250 [males] and 185 [females], some of them children less than 15 years old. One person was bitten by a cat.
国の健康人口省によるとコンゴ(共和国)のPointe-Noireで先の8月に発生した狂犬病の流行で9人が死亡した。同省は数人の15歳未満の子供を含む男性250名と185名の女性を含む435人が犬の咬傷を受けた。一人は猫に咬まれた。

Civil security agents have launched an operation to capture and vaccinate stray dogs and other animals in Pointe-Noire, [Rep. of] Congo’s main economic centre, in a bid to fight the epidemic. However, the vaccines are reported to be out of stock. “We have only some 50 doses left when we need at least 3000,” Dr Cyprien Ngouala, Civil Security director, said.
市の治安担当者は狂犬病流行と闘う計画として、コンゴ共和国の経済中心地であるPointe-Noireにいる放浪犬や他の動物の捕獲とワクチン接種の作業を開始した。しかし、ワクチンの在庫が底をついていると報告されている。市治安部長であるCyprien Ngouala博士は「私たちは少なくとも3000ドーズのワクチンが必要だという時にたった約50ドーズ残っているだけです。」と語った。

According to Dr Joseph Ngala, Principal Doctor in Pointe-Noire, rabies is a very dangerous disease caused by bites from infected animals like dogs, cats, and monkeys. The virus is transmitted by saliva.
Pointe-Noireの主任であるJoseph Ngala博士によると、狂犬病はイヌやネコ、サルのような狂犬病に感染した動物からの咬傷によって起きる大変危険な疾病である。ウイルスは唾液によって伝播される。

Communicated by:
ProMED-mail [The Republic of Congo is located in Central Africa, bordered by Gabon, Cameroon, the Central African Republic, and the Democratic Republic of the Congo. Pointe-Noire is the 2nd largest city in the Republic of Congo, after the capital of Brazzaville, and an autonomous department since 2004. Before this date, it was the capital of the Kouilou region (now a separate department). It is on a headland between Pointe-Noire Bay and the Atlantic Ocean. Pointe-Noire is the main commercial centre of the country and has a population of 715 334 (2007), expanding to well over one million when the entire metropolitan area is taken into account.
コンゴ共和国は中央アフリカに位置し、ガボン及びカメルーン、中央アフリカ共和国、コンゴ民主共和国に接している。Pointe-Noireは首都のBrazzaville についでコンゴ共和国の中で2番目に大きな都市であり、2004年以降自治県となっている。以前はKouilou(現在は分離されて一つの県である)の州首都だった。また、Pointe-NoireはPointe-Noire湾と大西洋を隔てた岬にある。Pointe-Noireは同国の貿易の中心であり人口715,334人(2007年)を数え、都市圏全体を考慮すると100万人を超えるほどに拡大している。

It is presumed that the shortage of vaccine referred to above is of vaccine suitable for use in protection and post-exposure treatment of the human population and not a vaccine suitable for control of rabies in domestic animals and wildlife. The number of people dying as a result of rabies virus infection is alarming, particularly since rabies vaccine for the protection of humans was the earliest human vaccine to become generally available and one the highest achievements of French medical science. – Mod.CP
上記に述べられているワクチンの不足はヒトの暴露前および暴露後治療に用いられるワクチンであり、家畜や野生動物の狂犬病を制御するためのワクチンではないと推察される。特にヒトの予防のための狂犬病ワクチンは最も早期に一般に使用され始め、フランス医学の最高業績の一つであるのだから、狂犬病の結果亡くなる人の数は憂慮すべきである。

PageTop