Home >News > ProMED翻訳情報(231回) ~バリ島における狂犬病対策への意見~

ProMED翻訳情報(231回) ~バリ島における狂犬病対策への意見~

2014.01.22

RABIES – INDONESIA (06): (BALI) COMMENT
***************************************
Date: Thu 26 Dec 2013
From: Lisa Warden [edited]

Comment on: Rabies – Indonesia (05): (BA) canine, human
20131221.2129946
————————————————————————
Further to the Jakarta Post article of 20 Dec 2013 on rabies in Bali (the subject of “Rabies – Indonesia (05): (BA) canine, human 20131221.2129946”), some clarifications are in order. The article states that the Bali provincial administration has been forced to postpone its 2015 rabies-free target due to the re-emergence of rabies cases throughout Bali and a human rabies death in September of this year [2013]. The article goes on to state that “rabies still infects numerous dogs in Gianyar, Bangli and Buleleng regencies,” suggesting that rabies is only an issue in a minority of the island’s districts.

2013年12月20日付のJakarta Post紙の、バリ島の狂犬病についての記事(ProMed mail “20131221.2129946 Rabies – Indonesia (05): (BA) canine, human”の主題)に加えて、いくつかの説明は適切である。記事は、バリ地域の行政当局が、当地域における狂犬病の再興、および今年9月のヒトの狂犬病による死亡事例を理由として、狂犬病清浄化達成を2015年まで延期したと述べている。記事は続けて、” Gianyar、Bangli、そしてBuleleng管区で、多数の犬がまだ狂犬病に感染している”と述べ、狂犬病が島の2〜3の行政区における問題に過ぎないことを匂わせている。

In fact, in 2013, there have been confirmed canine rabies cases (over 30 cases in the government labs through November of this year) in 7 of Bali’s 9 regencies — not just 3. These include Badung, Bangli, Buleleng, Gianyar, Jembrana, Karangasem and Klungklung. It is highly likely that multiple dead dogs never make it into the labs for testing, so the number may be significantly higher.

実際には、2013年のイヌにおける狂犬病の事例(今年の11月に、政府の研究所で確認された事例は30を超える)は、バリ島の9つの管区のうち7つで確認されている――3つだけではない。これらは、Badung, Bangli, Buleleng, Gianyar, Jembrana, Karangasem そして Klungklung管区である。多数の死んだ犬が、政府の研究所で診断を受けていない可能性が高く、従ってこの数はかなり多いかもしれない。

Of note is that dog culling continues throughout the island, in spite of the joint Government of Indonesia-FAO initiative of the past 2 years aimed at combatting rabies through mass anti-rabies vaccination of dogs, along with PEP for humans (details of the initiative available at ).

過去2年間、インドネシア政府とFAO(国際連合食糧農業機関)は共同して、ヒトのPEP(暴露後治療)と共に、イヌの大規模なワクチン接種による狂犬病撲滅を提唱してきた。それにもかかわらず、島全域においてイヌの淘汰が依然行われていることは驚くべきことである。
(第一報の詳細は以下のURL を利用しなさい。

The stated joint FAO-Indo approach “entails addressing viral circulation in dogs as the primary means of bringing the disease under control and reducing human cases. In order to achieve control of rabies in humans, the rabies control strategy on which the Bali programme is based focuses on vaccinating dogs, verifying coverage, and maintaining coverage between campaigns. Dogs are vaccinated using single dose long-lasting vaccine, with an emphasis on outside dogs and puppies.”

インドネシア政府とFAOとの共同取り組みは以下に公表された。〝人症例の制御と減少の下で、病気を運ぶ主な手段としてのイヌにおけるウイルス伝播を追求する必要がある。ヒトの狂犬病を制御するために、バリが計画している狂犬病制圧戦略は、イヌへのワクチン接種、資金の確認、およびその計画期間中の資金の維持に焦点が当てられている。特に外飼いの犬および子犬に1回接種で効力が長く続くワクチンを使用する。”       

Unfortunately, however, ARV [anti-rabies vaccine] rates of dogs in Bali’s various districts have not reached anywhere near 70 percent and, as previously mentioned, dog culling remains rampant, along with a “cage and chain or kill” approach advocated by some local authorities, sabotaging efforts to establish the herd immunity necessary for eradicating the disease.

しかし残念ながら、バリの様々な管区の中で、狂犬病ワクチンの接種率が70%に近いところはどこにもない。また前述したように、イヌの淘汰は、いくつかの地方自治体での擁護の下に“繋留か殺処分”の方法に加えて蔓延っている。狂犬病の根絶に必要である集団免疫を確立するための努力が妨げられている。

Lisa Warden
Director
DOGSTOP

[ProMED-mail thanks Lisa Warden for providing this update on the current rabies control situation on the Indonesian Island of Bali.
Travellers to and holidaymakers on the island of Bali should take care accordingly. – Mod.CP

ProMED-mailは、今日のインドネシアバリ島における狂犬病制圧の現状を報告してくれたLisa Wardenに感謝する。したがって、バリ島滞在の旅行者および行楽客は注意されたし。

PageTop