Home >News > ProMED翻訳情報(234回) ~アメリカにおけるネコからの狂犬病暴露事例(2題)~

ProMED翻訳情報(234回) ~アメリカにおけるネコからの狂犬病暴露事例(2題)~

2014.03.01

RABIES, UPDATE – NORTH AMERICA (01): (USA) JANUARY 2014
*******************************************************
狂犬病 続報- 北部アメリカ
In this update:
[1] South Carolina: feline, human exposure
[2] Georgia: feline, human exposure
1) サウスカロライナ州:猫、人曝露
2) ジョージア州:猫、人曝露
******
[1] South Carolina: feline, human exposure
Date: Fri 3 Jan 2014
Source: FOX Carolina [edited]

An Oconee County woman is under a physician’s care after being exposed to rabies in the Seneca area by a cat that tested positive for the disease, the South Carolina Department of Health and Environmental Control announced Friday [3 Jan 2014].
サウスカロライナの保健環境制御部門は金曜日(2014/1/3)に、セネカ地域で狂犬病陽性と診断された猫により狂犬病に曝露されたオコニー郡の女性が医師による治療をうけていることを公表した。

Health officials recommend that people avoid wild animals acting tame and tame animals acting wild to reduce their risk of being exposed to the disease.
保健課担当者は狂犬病に曝露するリスクを低減するため、人々に対して野生動物を飼いならしたり、飼育動物を野生化させないよう提言している。

Officials said state law requires pet owners to have their pets regularly vaccinated against the disease. They said this is the 5th cat from South Carolina with rabies this year [2013], and 2 dogs in the state have also been exposed.
担当者は州法においてペットの所有者に対し所有動物への狂犬病ワクチンを定期的に接種するよう求めていることを述べた。また、2013年度におけるサウスカロライナでの猫の狂犬病は今回で5頭目であり、州内の2頭の犬もすでに曝露されている、と述べた。
Officials said there were 137 confirmed cases of animal rabies during 2012 in South Carolina and 123 confirmed cases in animals statewide in 2013. This animal was the 3rd to test positive in 2013 from Oconee County.
担当者によるとサウスカロライナでは2012年に137の動物の狂犬病確定診断例があり、2013年には州全体で123の確定診断例があった。今回の動物はオコニー郡において2013 年に陽性診断された3頭目である。

[Byline: Chelsea Wallace]–
Communicated by:
ProMED-EAFR from HealthMap Alerts

The state of South Carolina can be located on the
HealthMap/ProMED-mail interactive map at.
サウスカロライナ州の位置は
のHealthMap/ProMED-mail 双方向地図で確認することが出来る。

Oconee County in north western South Carolina can be seen on the map at
.
サウスカロライナ州北西部のオコニー郡は
の地図上で見ることが出来る。

******
[2] Georgia: feline, human exposure
Date: Tue 31 Dec 2013
Source: WTVC NewsChannel 9

Environmental Health officials announced Tuesday [31 Dec 2013] that on Christmas Eve [24 Dec 2013] a stray cat bit and scratched 2 persons who live in the 5700 block of Old Federal Road South, Chatsworth.
環境保健担当者は、火曜日(2013年12月31日)にクリスマスイブ(2013年12月24日)に一頭の野良猫がChatsworthのOld Federal Road South 5700ブロックに住む2名の住民を咬み、引っ掻いたと発表した。

One of the persons bitten took the cat to Murray County Animal Control where Jason Osgatharp, environmental health county manager, made the determination to have the cat tested because it exhibited abnormal behavior.
咬まれたうちの一人がその猫をMurray郡動物管理に持ち込み、そこの環境保健郡管理人のJason Osgatharpは猫が異常な行動を示した事から猫の検査を決定した。
The cat was submitted to the Georgia Public Health Laboratory and positive test results for rabies were received Tuesday [31 Dec 2013].
猫はジョージア州公衆衛生研究所に持ち込まれ、火曜日(2013年12月31日)に狂犬病陽性の結果が提出された。

According to the persons bitten, the cat would show up at their home about once a month.
咬まれた人によれば、その猫は月に一度ほど彼らの家に現れたそうである。

The rabid cat was black with a white chin, weighed about 10 pounds [4.5 kg], and appeared otherwise healthy. Those living in or near the 5700 block of Old Federal Road South should report any bites or scratches from stray cats which occurred within the past month, especially if the stray fits this description. Call the Murray County Environmental Health Office. The persons who were bitten will start post-rabies exposure treatment today [31 Dec 2013] or tomorrow [1 Jan 2014].
その狂犬病に罹った黒猫はあごが白く、体重は約10ポンド(4.5kg)で、その他の点では健康そうに見えていた。
Old Federal Road South 5700ブロックに、またはその近くに住む方で、過去一ヶ月間以内に野良猫から咬まれたり引っ掻かれたりした場合、特に野良猫が上記の特徴に一致する場合は報告すべきである。Murray郡環境保健事務所まで電話のこと。咬まれた人は今日(2013年12月31日)または明日(2014年1月1日)から狂犬病曝露後治療を開始する予定である。

Five other cats at the residence, all of which are unvaccinated, will be euthanized.
この地域に生息する他の5頭の猫は、ワクチン未接種なので安楽死される予定である。

For more information about rabies and its prevention, log onto the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) website at
.
狂犬病とその予防についてのより詳細な情報はCDC website at
にログインしなさい.


Communicated by:
ProMED-mail

[The state of Georgia can be located on the HealthMap/ProMED-mail
interactive map at .
ジョージア州の位置はのHealthMap/ProMED-mail双方向地図で確認できる。
. Murray County in
northern Georgia can be seen on the map at
.
ジョージア州のMurray郡はの地図で見ることが出来る。

Rabies is deadly. Report all bites and have them treated appropriately at a medical facility. While post exposure prophylaxis is possible in people, there is a only a short amount of time from the bite until the treatment must be administered to be effective. Sadly, people still die from this disease, in the USA. Neither of the 2 reports above mentions anything about a rabies drive in the community, or more public service announcements (PSA’s) to recommend vaccination of all companion animals. Yes, companion animals include horses and show animals as well. – Mod.TG]
狂犬病は致死的である。全ての咬傷事故は報告されるべきであり、また被害者は適切な治療を医療施設で受けるべきである。曝露後治療が人で可能であるが、咬まれてからすぐに治療が開始できた場合に有効である。悲しいことに、アメリカで人々がまだこの病気で死亡している人々が存在する。上記の2報告では、その地域における狂犬病の動き、あるいは全ての伴侶動物にワクチン接種を推奨するための公共サービス周知について何も言及していない。もちろん、伴侶動物には馬やショー用の動物も含まれている。

PageTop