Home >News > ProMED翻訳情報(237回) ~インドでの飼犬からの感染による死亡事例~

ProMED翻訳情報(237回) ~インドでの飼犬からの感染による死亡事例~

2014.03.14

RABIES – INDIA (10): (TAMIL NADU) CANINE, HUMAN
狂犬病-インド(10):(タミル ナドゥ)犬、人
***********************************************
Date: Sat 28 Dec 2013
日付:2013年12月28日
Source: The Times of India [edited]
出典:タイムス オブ インディア(編集)

A 20-year-old youth from Madurai [Tamil Nadu state], infected with rabies virus transmitted from his pet dog, died in a private cell meant for rabies victims at Government Rajaji Hospital (GRH) on Friday[27 Dec 2013]. His relatives, friends and doctors at GRH watched the youth die.
2013年12月27日(金)にMadurai(タミル ナドゥ州)出身の20歳の若者が自身のペットの犬から感染した狂犬病によりGovernment Rajaji病院(GRH)の狂犬病患者用個室で死亡した。彼の親戚、友人及びGRHの医師たちが若者の死を見取った。

Doctors say a rabies patient cannot be saved. Preventive medicine alone is available and death is sure if [symptoms of infection develop]. In 2013, 8 people admitted to GRH with rabies infection died in the private cell.
医師たちは、狂犬病患者を救うことはできないという。予防医療のみが有効であり、もし[症状が発現すれば]死は必然的である。2013年に8名が狂犬病感染によりGRHに入院し、(狂犬病患者用)個室で死亡した。

The victim had completed class 12 and was working as an earthmover operator. He was bitten by a puppy while staying at his grandfather’s house in Palamedu [Tamil Nadu state] a month ago [November 2013]. The son of a farmer, the youth did not take it seriously and did not even tell his family members that the puppy had bit him. Doctors from the GRH said their enquiry revealed that the puppy died recently, due to rabies. [The victim] developed health complications 3 days ago [25 Dec 2013] and was admitted in a private medical college hospital in Madurai.
He was shifted to GRH on Friday [27 Dec 2013], when the doctors learnt that he was infected by rabies. GRH doctors say, on an average, 10 to 12 rabies patients are admitted to the hospital every
year and they all die within 24 hours of admission.
その被害者は、クラス12を完了しており、土木機械の運転士として働いていた。彼は一月前(2013年11月)にPalamedu(タミル ナドゥ州)にある祖父の家に滞在しているときに子犬に咬まれた。その農夫の息子、若者は深刻に受け止めず子犬が彼を咬んだことを家族にすら話さなかった。GRHの医師たちは、彼らの調査によりその子犬が最近狂犬病により死亡したことが分かったと話した。(その被害者)は、3日前(2013年12月25日)に体調不良を起こし、Maduraiの私立医科大学病院に入院した。彼は、その病院の医師たちが、彼が狂犬病に感染したことが分かった時点で金曜日(2013年12月27日)にGRHへ転院した。GRHの医師たちはこう話している。毎年平均して10から12名の狂犬病患者が入院するが彼らはすべて入院して24時間以内に死亡する。

Doctors say people who get bitten by a dog must seek vaccination [immediately] irrespective of whether the dog was a stray or a pet. If 3 injections are administered in the 1st month, the person will be rabies free. In case of a pet dog, it should also be vaccinated, they say. Ironically, when doctors say there is no treatment for rabies victims who have reached a terminal stage, a professor at Madurai Kamaraj University had claimed that she has invented a cure. The ethical clearance committee at GRH needs to clear her medicine.
犬に咬まれた人は、飼い犬であろうと放浪犬であろうと(すぐに)ワクチン接種を求めるべきであると医師たちは話す。1ヶ月間に3回の注射を受ければその人は狂犬病の心配がなくなるであろう。愛玩犬の場合には、その犬はワクチンを受けるべきである。と彼らは話す。皮肉なことに、末期を迎えた狂犬病患者にはなんの治療法もないと医師たちが言ったとき、Madurai Kamaraj大学の教授は彼女が治療法を開発したと主張した。GRHの倫理審査委員会は、彼女の医療を明確にする必要があった。

Anitha Sironmani, head and chairperson of department of genetic engineering, MKU, obtained permission from Tamil Nadu government to apply her nanotechnology medicine on rabies patients a while ago. She was allowed to test the medicine with the permission of the patient and after clearance from the ethical clearance committee at GRH. “I approached the ethical clearance committee several times. They would allow the victims to die but would not let me try out the medicine. I have tested my technology on a rabies-infected cow and it worked,” Sironmani told TOI [Times of India].
 MKUの遺伝子工学部の責任者で議長のAnitha Sironmaniは、タミル ナドゥ州政府からつい先刻狂犬病患者に対して彼女のナノテクノロジー医療を施す許可を獲得した。彼女は患者の許可とGRHの倫理審査委員会の許可を得た後にその治療法を試すことを許された。“私は数回倫理審査委員会に提案した。彼らは、私にその治療法を試させなければ患者を死亡させることになるだろう。私は、私の治療技術を狂犬病感染した牛で試し、そしてそれは効いた。”とSironmaniはTOI [インドタイムス]語った。(タイムス オブインディア)

Dr N Mohan, dean, GRH and Madurai Medical College, said the independent (ethical clearance) committee consists of 2 retired professors, senior doctors and a legal expert with me as coordinator. “There are certain procedures to be followed. If she fulfils the requirements, she would be allowed to do the experiment on patients,”he said.
 GRH及びMadurai医科大学の学部長であるDr N Mohanは、その独立した委員会(倫理審査)は、2名の退職した教授、年配の医師及び法律専門家、コーディネーターとしての私で構成されると話した。準拠される確固たる手続きがある。もし彼女がその必要条件を充たせば、患者に対する治験を行うことが許されるであろう。と語った。
[Byline: V Devanathan]


Communicated by:
ProMED-mail

[Unfortunately, the victim’s delay in seeking post-exposure treatment made the outcome of this incident inevitable. Under these circumstances it is unfortunate the nanotechnology expert was not given permission to treat the patient with her nanotechnology-based therapy. It could hardly have worsened the patient’s condition.
不幸なことに、その患者の暴露後免疫処置を求めるのが遅れたために、この件は必然的な結果を招いてしまった。このような状況で、不幸なことにそのナノテクノロジー専門家は、その患者に彼女のナノテクノロジーに基づいた治療法を施す許可を得られなかった。患者の状態がとても悪化してしまった。

Madurai is the administrative headquarters of Madurai District in the southern Indian state of Tamil Nadu. It is the 3rd largest city in Tamil Nadu. Located on the banks of River Vaigai, it has been a major settlement for 2000 years and is one of the oldest continuously inhabited cities in the world
(). A HealthMap/ProMED-mail interactive map is available at . –
Mod.CP]
Maduraは、南インドのタミル ナドゥ州のMadurai地域の行政的本拠地である。タミル ナドゥ州の第3番目の大きさの都市である。Vaigai川のほとりに位置し、2000年間主要な居住地区であり、世界中で最も古い継続的居住都市のひとつである。

PageTop