Home >News > ProMED翻訳情報(238回) ~オランダで報告されたブルガリアから輸入された子犬の感染~

ProMED翻訳情報(238回) ~オランダで報告されたブルガリアから輸入された子犬の感染~

2014.03.14

RABIES – NETHERLANDS (02): (NORTH, SOUTH HOLLAND) ex BULGARIA, CANINE,
OIE
狂犬病―オランダ(02):(北部、南部、オランダ)ex ブルガリア、犬、OIE
**************************************************************************
Date: Mon 21 Oct 2013
Source: OIE, WAHID (World Animal Health Information Database), weekly
disease information 2013; 26(43) [edited]

Rabies, Netherlands
狂犬病、オランダ
——————-
Information received on (and dated) 21 Oct 2013 from Dr Christianne Bruschke, chief veterinary officer, Ministry of Agriculture, Nature and Food Quality, Ministry of Agriculture, Nature and Food Quality,The Hague, Netherlands
オランダ、ハーグの農業、自然、食品品質省の獣医部長であるDr Christianne
Bruschkeから2013年10月21日に受けた情報である。

Summary
要約
Report type: immediate notification
報告様式:緊急届出
Date of start of the event: 10 Oct 2013
事象の初日:2013年10月10日
Date of pre-confirmation of the event: 19 Oct 2013
事象確定前の日付:2013年10月19日
Reason for notification: reoccurrence of a listed disease
通知の理由:指定疾患の再興
Date of previous occurrence: August 2012
過去の発生日付:2012年8月
Manifestation of disease: clinical disease
疾患の発現様式:臨床的疾患
Causal agent: Rabies virus
病原体:狂犬病ウイルス
Serotype: RABV
血清型:狂犬病ウイルス
Nature of diagnosis: laboratory (advanced)
診断種類:実験室的(先進的)
This event pertains to the whole country
この事例は、国全体に関わる。

New outbreaks (2)
新発生(2)
Outbreak 1: Rotterdam, South Holland
発生1:ロッテルダム,南オランダ
Date of start of the outbreak: 10 Oct 2013
発生開始日:2013年10月10日
Outbreak status: continuing (or date resolved not provided)
発生状況:継続(または解決日時不明)
Epidemiological unit: not applicable
疫学的単位:適用なし
Affected animals:
Species / Susceptible / Cases / Deaths / Destroyed / Slaughtered
Dog / 1 / 1 / 0 / 1 / 0
罹患動物:
動物種/感受性/症例数/死亡数/殺処分/と殺数
犬/ 1 / 1 / 0 / 1 / 0
Affected population: this is a case of imported rabies. The case concerns a puppy imported from Bulgaria on 5 Oct 2013. The 1st clinical signs appeared on 10 Oct 2013.
罹患した個体群:この事例は、輸入狂犬病である。この事例は、2013年10月5日にブルアリアから輸入された子犬が係わっている。最初の臨床症状は2013年10月10日に現れた。

Outbreak 2: Zaandam, North Holland
発生2:ザアンダム、北オランダ
Date of start of the outbreak: 10 Oct 2013
発生開始日:2013年10月10日
Outbreak status: continuing (or date resolved not provided)
流行状況:継続(または解決日時不明)
Epidemiological unit: not applicable
疫学的単位:適用なし
Affected animals:
Species / Susceptible / Cases / Deaths / Destroyed / Slaughtered
Dog / 1 / 1 / 0 / 1 / 0
罹患動物:
動物種/感受性/症例数/死亡数/殺処分/と殺数
犬/ 1 / 1 / 0 / 1 / 0
Affected population: this is a case of imported rabies. The case concerns a puppy imported from Bulgaria on 5 Oct 2013. The 1st clinical signs appeared on 10 Oct 2013. This is a sister of the dog mentioned in the 1st outbreak.
罹患した個体群:この事例は、輸入狂犬病である。この事例は、2013年10月5日にブルアリアから輸入された子犬が係わっている。最初の臨床症状は2013年10月10日に現れた。これは、最初の発生例で記載された犬の姉妹である。

Summary of outbreaks
発生の要約
Total outbreaks: 2
総発生数:2
Total animals affected:
Species / Susceptible / Cases / Deaths / Destroyed / Slaughtered
Dogs / 2 / 2 / 0 / 2 / 0
総罹患動物:
動物種/感受性/症例数/死亡数/殺処分/と殺数
犬/ 1 / 1 / 0 / 1 / 0
Outbreak statistics (rates apparent, expressed as percentages):
発生の統計(発生率、パーセンテージでの表現)
Species / morbidity rate / mortality rate / case fatality rate /
Proportion susceptible animals lost*
動物種/罹患率/死亡率/症例の死亡率/感受性動物死亡率*
Dogs / 100 / 0 / 0 / 100
犬/100/0/0/100
*Removed from the susceptible population through death, destruction, and/or slaughter
*死亡、駆除、及び/又はと殺による感受性動物死亡頭数を除く

Epidemiology
疫学
Source of the outbreak(s) or origin of infection: introduction of new live animals
(流行の)発生源または感染源:新な生きた動物の導入

Epidemiological comment: this is an event of imported rabies from Bulgaria to The Netherlands. The cases concern two 4 month old puppies which were introduced on 5 Oct 2013 in The Netherlands. The 1st signs of rabies occurred on 10 Oct 2013 and consisted of fever and paralysis. The dog affected was euthanized on 18 Oct 2013. The 2nd dog was euthanized because it originated from the same litter; it was a sister of the 1st dog. This dog was suffering from haemorrhagic gastroenteritis, but showed no neurological signs. Humans in contact with the dogs in the past 2 weeks are going to be investigated by the health services and treated [postexposure prophylaxis] if necessary.
疫学的コメント:これはブルガリアからオランダへの輸入狂犬病事例である。この事例は、2013年10月5日にオランダへ導入された2頭の4ヶ月齢子犬によるものである。狂犬病の犬の最初の症状は、2013年10月10日に現れ、発熱と麻痺であった。その感染した犬は2013年10月18日に安楽死された。2番目の犬は、それが同腹の子だったという理由で安楽死された。;その犬は、最初の犬の姉妹であった。その犬は、出血性胃腸炎を病んでいたが、しかし神経症状はなかった。その犬たちと2週間以内に接触のあった人は、ヘルスサービスにより調査されており、必要があれば暴露後免疫処置を実施されている。

Control measures
制御方法

Measures applied: no vaccination; no treatment of affected animals
Measures to be applied: no other measures
適用方法:ワクチンしていない;感染動物の治療なし
適用される方法:他の方法なし

Diagnostic test results
Direct immunofluorescence (DIF) tests and polymerase chain reaction(PCR) tests carried out by the Central Veterinary Institute (CVI),Lelystad (national laboratory) on the dogs on 19 and 20 Oct 2013 were positive.
診断検査結果
その犬たちの直接免疫蛍光抗体法(DIF)及びポリメラーゼ チェーン リアクション(PCR)検査は、Lelystadの中央獣医学研究所(CVI)(国立研究所)により2013年10月19日及び20日に行われ陽性であった。

Future reporting
The event is continuing. Weekly follow-up reports will be submitted.
今後の報告:その事例は継続している。週ごとに続報が提出されるであろう。

[The location of the outbreaks can be seen on the interactive map included in the OIE report at the source URL above.]
「発生地域は、出典のOIE報告中の双方向型地図により見ることができる。」

communicated by:
ProMED-mail

[Rabies is regarded as one of the most important zoonotic diseases in the world (a disease which primarily affects animals, but can cause disease in
humans).
狂犬病は、世界におけるもっとも重要な人獣共通感染症のひとつとしてみなされている。(本来動物が罹患するが人にも病気を起こす疾患)

Rabies virus belongs to the genus _Lyssavirus_, a group of viruses responsible for causing encephalitis. There are several strains of the classic rabies virus that are each generally confined to a major species as reservoir: most commonly domestic dogs, more rarely cats,and, depending on the continent, various other species of carnivores(foxes, jackals, etc) or chiroptera
狂犬病ウイルスは、リッサウイルス属、脳炎を起こす原因ウイルスのグループに属する。数種類の古典的な狂犬病ウイルス株がある。それらは最も一般的な飼い犬、まれに猫、大陸によって種々な他の肉食動物(狐、ジャッカル、他)またはコウモリなどのレゼルボアとしての主な種にそれぞれ通常限局されている。
(bats).

Rabies is present on all continents except Antarctica. Some countries have implemented vigilant control measures and succeeded in eradicating the disease. However, in some countries, the disease remains endemic with rabies present mainly in wild animal hosts.
狂犬病は南極以外のすべての大陸に存在する。一部の国々では慎重な制御手段を実行し、狂犬病の撲滅に成功した。しかし、一部の国々では主に野生動物を宿主とした風土病としての狂犬病が残っている。

In countries where the disease is endemic, measures are implemented to address and reduce the risk of infection in susceptible populations(wildlife, stray and domestic animals) and create a buffer between the animal source of the disease and humans.
狂犬病が流行している国々において、感受性の高い動物群(野生動物や放浪及び飼育動物)の感染リスクを把握し低減させ、狂犬病の感染源動物と人との間に緩衝を作る対策が実行されている。

– surveillance and reporting of suspected cases of rabies in animals
– vaccination programs for domestic animals
– research into disease dynamics, vaccines, and effective delivery mechanisms for target populations
– wildlife rabies control programs including vaccination(trap/vaccinate/release or delivery of oral vaccines)
– population control and vaccination programs for stray animal populations

-動物における狂犬病が疑われる症例のサーベイランス及び報告
-飼育動物へのワクチンネーションプログラム
-標的群に対する疾病動向、ワクチン及び効果的な供給機構の研究
-ワクチン接種を含む野生動物狂犬病の管理プログラム(捕獲/ワクチン接種/経口ワクチンの散布あるいは放出)
-放浪動物群の個体数管理及びワクチンプログラム

In Europe, rabies has been reported mainly in wildlife animal species and sometimes in farm and pet animals in some Baltic and eastern and southern European member states
.
ヨーロッパにおいて、狂犬病は、主に野生動物種において、また時としてバルト諸国及び東部並びに南部ヨーロッパ諸国における家畜及びペット動物で報告されている。

In 2011 a European Commission working group summarized the rabies situation in Bulgaria — “Report on the task force meeting of the rabies subgroup” Plovdiv, Bulgaria 15-16 Mar 2011. According this report through 2007, an average of 15 rabies cases was detected per year. After that, rabies spread throughout the entire country from north to south. Most of the cases are reported in spring, and most occurred in wildlife (fox) and livestock. The complete document can be found at
.
2011年ヨーロッパ委員会のワーキンググループは、ブルガリアにおける狂犬病状況を要約した。2011年3月15日-16日におけるブルガリアのPlovdivで開かれた“狂犬病サブグループの対策委員会会議の報告”2007年からのこの報告によれば、1年に平均15例の狂犬病症例があった。その後、狂犬病は北部から南部へ国全体に広がった。ほとんどの事例は春季に報告され、野生動物(キツネ)と家畜に発生している。完全な記録は以下のWebサイトで見ることが出来る。

The last 6-monthly report sent by Bulgaria to the OIE (January-June 2013) indicates that rabies was reported as “absent”, with the last occurrence in domestic animals reported on 21 Sep 2010 and in wild animals in July 2012
.
ブルガリアからOIEへ送られた過去6ヶ月の月報(2013年1月~6月)では、狂犬病は飼育動物において2010年9月21日また野生動物(部)において2012年7月が最後の発生であり、“発生なし”と報告されていた。

Based on quantitative information shown in the WAHID database section “Detailed countries disease incidence” at
,
during 2012 the countries with the greatest number of cases of rabies were: Belarus (474), Croatia (131), Georgia (107), Moldova (174),Poland (249), Romania (383), Russia (659), Turkey (370), and Ukraine(588). The disease was present in both domestic and wild species. –
Mod.CRD
WAHIDデータベースの2012年の“国別疾病発生の詳細”に掲載されている(狂犬病の)発生数情報に基づいた狂犬病の症例数の極めて多い国は、ベラルーシ(474)、クロアチア(131)、グルジア(107)、モルドバ(174)、ポーランド(249)、ルーマニア(383)、ロシア(659)、トルコ(370)、及びウクライナ(588)であった。この疾病(狂犬病)は、飼育動物及び野生動物の両者に発生が見られた。

PageTop