Home >News > ProMED翻訳情報(239回) ~南アフリカにおける最近の狂犬病発生状況~

ProMED翻訳情報(239回) ~南アフリカにおける最近の狂犬病発生状況~

2014.03.14

RABIES – SOUTH AFRICA: (LIMPOPO) HUMAN
**************************************
Date: Thu 6 Feb 2014
Source: AllAfrica, SA News report [edited]

One person has died of rabies in Limpopo [province, South Africa] this week [week of 2 Feb 2014], bringing the total number of rabies-related deaths to 4 in the last 10 months [since April 2013].
今週(2014年2月2日の週?)、Limpopo(南アフリカの県)において一人が狂犬病で死亡し、これで(2013年4月からの)過去10か月における狂犬病による死者は計4人になった。

Provincial Health spokesperson Adele van der Linde said the recent death was reported in Malamulele near Giyani. “The department once again issues a warning to residents of Limpopo, but especially in the Vhembe and Mopani districts, to immediately seek help when bitten or scratched by a domestic or wild animal that is suspected of being rabid,” said Van der Lind. She said the average incidence of human rabies in Limpopo was 3 deaths per financial year, mostly in the Vhembe district.
県の保健担当の広報官であるAdele van der Lindeは、最近の死亡事例についてはGiyaniの近くのMalamuleleで報じられたと語った。“当局はLimpopo(に住む人々)、特にVhembeとMopani地区の人々に、狂犬病と思われるペットや野生動物に噛まれたり引っかかれたりしたら、すぐに助けを求めるよう警告を発した。”とVan der Lindは話した。彼女は、Limpopoにおける会計年度当たりの、ヒトの狂犬病の平均の発生件数は3件で、その大部分はVhembe地区であると語った。

Van der Linde said a series of training sessions had been held at all health institutions in Vhembe last year [2013] to focus on case management and the prevention of human rabies. Annual road shows were also held in Vhembe and Mopani district in September [2013], which was World Rabies Month. “Our main challenge remains the issue of ignorance. People do not seek medical attention soon enough,” Van der Linde said. “People are bitten or scratched by their own animals but don’t see the need to go to a health facility for treatment.”
Van der Lindeによると、昨年(2013年)、ヒト狂犬病の発生防止と症例管理に焦点を当てた一連のトレーニングを、Vhembe地区の全ての医療および衛生機関で行った。毎年行われる巡回興行は、世界狂犬病月間の(2013年の)9月にVhembeとMopani地区で行われたとのこと。“無関心という大きな問題が残っています。”と彼女は語る。“人々はすばやく医療処置を求めない。飼っている動物に噛まれたり引っかかれたりしたとしても、医療機関に行く必要性を感じていない。”

She said rabies was a re-emerging disease in South Africa, particularly in densely populated rural areas, but that infected people can survive if they are treated in time. “If a person comes into contact with a rabid animal, whether it be a bite or a scratch, they should seek immediate medical attention. There is an effective, safe vaccine against rabies,” she said. She stressed that domestic pets must be vaccinated against rabies regularly. The Department of Agriculture is currently vaccinating pets free of charge in communities across the province. “Dogs and cats should be vaccinated at 3 months of age, with a booster at 9 months, and then every 3 years afterwards. In high risk areas, annual revaccination is recommended,” she said.
彼女は、狂犬病は南アフリカ、特に人口の密集した田舎における再興感染症であるが、適時に処置をすれば感染した人々も生き残ることができると述べる。“もし狂犬病に罹患した動物と接触したら、咬まれた、あるいは引っかかれたかどうかに関わりなく、すぐに医療処置を求めるべきです。そこには安全で効果的な抗狂犬病ワクチンがありますから。”と彼女は語った。また、彼女はペットには定期的に狂犬病のワクチン接種を行うことを強調している。農業省では現在、この県全域の集落において、ペットを対象とした無料のワクチン接種を行っている。“イヌおよびネコにおいては、3か月齢になったらワクチンを、その9か月令には(ワクチン)ブースター(を)接種し、その後は3年毎にワクチン接種をするべきです。(狂犬病の)高リスク地域では、毎年の接種が推奨されます。”

She said stray animals, animals that are behaving strangely or that appear sick must be avoided. Once the rabies virus has entered the body, it goes to the brain where the virus multiplies, causing brain dysfunction and ultimately death. The disease is spread from animal to animal, and occasionally from animals to humans.
さらに彼女は、放浪動物、奇妙なふるまいをしている、あるいは病気であるように見える動物は避けなければならないと語った。一度狂犬病ウイルスが体内に侵入すると、ウイルスは増殖する脳組織まで移行し、それが脳の機能障害を引き起こし、最終的に死に至る。この疾病は動物から動物へ、時には動物から人間へ拡散する。

[byline: Sydney Masinga]


communicated by:
ProMED-mail

[Limpopo is the northernmost province of South Africa. It is named after the Limpopo River that flows across the province. The province was formed from the northern region of Transvaal Province in 1994, and initially named Northern Transvaal. The following year, it was renamed Northern Province, which remained the name until 2003, when the name of the province was formally changed to the name of its most important river — on the border with Zimbabwe and Botswana — after deliberation by the provincial government and amendment of the Constitution. Limpopo is the South African province with the highest level of poverty, with 78.9 per cent of the population living below the national poverty line. In 2011, 74.4 per cent of local dwellings were located in a tribal or traditional area, compared to a national average of 27.1 per cent.
Limpopoは南アフリカの最北に位置する県である。この名前はLimpopo川がこの県を横切ることに由来する。この県は1994年に、Transvaal Provinceの北部地域から形成され、当初はNorthern Transvaalと命名された。その後、Northern Provinceと改名され、この名前は2003年まで使われたが、県における協議と政府の修正案の動議を経て、この最も重要な川―ジンバブエとボツワナの国境線でもある―と同じ名前に公式に変えられた。Limpopo県は南アフリカの中で最も貧困層が多く、人口の79.8%が国際基準である貧困線以下の生活を送っている。2011年の時点で、この地方に住む人々の74.4%が、部族社会あるいは(昔から変わらない)伝統的な生活様式で暮らしている。南アフリカにおけるこの数字の平均は27.1%である。

>From the above press report it appears that adequate amounts of rabies vaccine are available, but that the vaccine is not distributed effectively.
A map of South Africa showing the location of Limpopo province can be accessed at . A HealthMap/ProMED-mail interactive map is available at . – Mod.CP]
上記の報告から、十分な量の抗狂犬病ワクチンが(南アフリカで)使用可能であることがうかがえる。しかし、効率的に分配されていないようである。南アフリカにおけるLimpopo県の位置は、上記のURLから確認できる。HealthMap/ProMED-mail interactive mapは、上記のURLから利用可能である。

PageTop