Home >News > ProMED翻訳情報(240回) ~インドにおける狂犬病による人の死亡事例~

ProMED翻訳情報(240回) ~インドにおける狂犬病による人の死亡事例~

2014.04.04

RABIES – INDIA (11): (TAMIL NADU) CANINE, HUMAN, COMMENT

狂犬病 – インド(11) : (タミールナド州) 犬、人、コメント

********************************************************

Date: Mon 30 Dec 2013  From: Henry Wilde <henrywilde27@gmail.com> [edited]

Comment: Rabies – India (10): (TN) canine, human 20131230.2143331

コメント: 狂犬病 – インド(10) : (タミールナド州) 犬、人 20131230.2143331

—————————————————————–

The death of patients from rabies in Tamil Nadu, India, is another tragedy that could have been prevented by early post-exposure prophylaxis. The total number of such cases in India is unknown but likely in the thousands. The number of worldwide human rabies quoted by WHO is around 55 000 every year, but widely considered under reported. Most of these human deaths occur in smaller communities and remote areas where post-exposure prophylactic treatment is simply not available at all and not likely to be available soon. Victims do not have the means to travel to a distant treatment center. During the last few years, there has been an increase in hope that rabies might be treatable, initiated by the recovery of several patients who underwent intensive care in tertiary medical centers. Very isolated such cases have been reported in past decades and a voluminous literature dealing with this subject can be found in PubMed database.

The current view among experts in this field is that they are very rare and mostly due to a vigorous natural immune response that kills the virus before it does irreparable damage. Such patients have evidence of an active antibody titre in serum and CNS fluid on admission, or very soon thereafter, and had expert intensive life support treatment as well. Nevertheless, further work, dealing with active therapy for rabies, is most desirable and must be supported. To do this, there are ample small animal models that have been explored by experienced virologists and immunologists in years past. This is where Anitha Sironman needs to start. I note that she has published 2 peer review papers not dealing with rabies viruses or indeed infection. There may, however, be something in the “not indexed”

インド、タミールナド州での狂犬病による患者の死は、早期の曝露後処置によって防止することができた、もう一つの悲劇である。インドでのそのような事例の総数は知られていないが、数千件はありそうである。WHOが見積もった世界におけるヒト狂犬病の数は、毎年およそ55,000人であるが、報告のあったものだけと広く考えられている。これらヒトの死の大部分が、単に曝露後予防処置が全く利用できない、あるいは迅速に利用できそうもないコミュニティーと僻地で起こる。犠牲者には、離れた治療センターに移動する手段を持ち合わせていない。ここ数年の間に、第3治療センターで集中治療を受けた数名の患者の回復したことにより、狂犬病が治療できるかもしれないとの期待が高まっている。まさしく個別のこれらの症例は、過去数十年間に報告されていて、この問題を取り扱った多くの文献はPubMedのデータベースで見つけることができる。この分野の専門家の間の現在の見解は、それらが非常にまれであるということであり、大部分はそれが回復できない損傷を受ける前に、ウイルスを殺す活発な自然免疫反応によるということである。そのような患者は入院時、またはその後すぐに血清と脳脊髄液でアクティブな抗体価があって、同様に専門家の集中的な生命維持処置を受けた。それでも、狂犬病の積極的な治療法に関する更なる研究が最も望まれ、支持されなければならない。このようにするために、従来から経験豊かなウイルス学者と免疫学者によって探求された多数の小動物のモデルが存在する。これは、Anitha Sironmanが始動する必要があるということである。私は彼女が狂犬病ウイルスあるいは実際の感染と無関係な2つの査読論文を公刊した点に注目している。しかしながら、索引を付けられないことに何かがあるかもしれない。

 

Indian literature; if yes, it needs to be expanded and published. She will find that it will be much easier for her to convince skeptical ethics committee members to allow human efforts when some of her experimental work appears in print. In the meantime, it is imperative for all of us seeing human rabies patients, to try and provide good ICU care (not banishment to a rabies cell) for such unfortunates who might well be a very rare, true, natural recovery case if properly supported. Rabies is not a highly transmittable disease like flu or measles. Normal preventive hospital measures will render a rabies patient safe if cared for in a fully equipped and staffed ICU where experimental therapies can be carried out.

インドの文献;もしそうであるなら、さらに発展させ公表させる必要がある。彼女の実験的な仕事が印刷物によって明らかになれば、彼女は、懐疑的な倫理委員会メンバーを納得させることがより容易になることを知るだろう。その間にも、適切に支援されれば、非常にまれで、本当に、自然回復する症例であるだろうそのような不運な人に良いICUでのケア(狂犬病病棟への追放でない)を提供しようと努めることは、狂犬病の患者を診る私たちすべてにとって絶対に必要である。狂犬病はインフルエンザまたは麻疹のように高い伝染力を持った病気ではない。もし実験的治療が行われることができる完全な装置とスタッフのいるICUで介護したならば、通常の病院予防対策で狂犬病患者の安全性を保証するであろう。

PageTop