Home >News > ProMED翻訳情報(241回) ~インドにおける狂犬病による人の死亡事例(子犬からの感染)~

ProMED翻訳情報(241回) ~インドにおける狂犬病による人の死亡事例(子犬からの感染)~

2014.04.04

RABIES – INDIA: (TAMIL NADU) CANINE, HUMAN

狂犬病-インド:(タミル ナドゥ)犬、人

******************************************

Date: Sat 22 Feb 2014  Source: The Times of India [edited]

出典:The Times of India [編]

A 24-year-old post-graduate student of social work at Madras Christian College [MCC], Tambaram [Tamil Nadu state], died of rabies early on Friday [21 Feb 2014]. He was bitten by a rabid pup on the college campus in November 2013. He was a dog lover.

Tambaram [Tamil Nadu 州]にあるマドラスクリスチャン大学(MCC)で社会福祉を学ぶ24歳の大学院生が金曜日(2014年2月21日)早朝に狂犬病で死亡した。彼は2013年11月に大学内で狂犬病の子犬に咬まれた。彼は犬好きであった。

In November 2013, he and his classmates were walking to their department when they came across the pup. He and a classmate played the pup, which bit them both. He and his friend went to general physicians to get treated. “The girl’s physician recommended that she take the anti-rabies vaccine, but the man’s doctor seems to have said a tetanus toxoid shot would suffice,” said Durai Jasper, public relations officer of CMC Vellore, who confirmed that he died at the hospital at 1:00 a.m. on Friday [21 Feb 2014].

2013年11月に彼と彼のクラスメイト達が学部へ向かって歩いていた時、その子犬にでくわした。彼とクラスメイト1名が子犬と遊び、そして両者とも咬まれた。彼と彼の友人は、治療をうけるために一般医に行った。女学生を診た医師は、抗狂犬病ワクチンを受けることを彼女に勧めたが、男子学生を診た医師は、破傷風トキソイドの注射で十分なことを伝えたと思われる。と、CMC Vellore(クリスチャン メディカル カレッジ)の広報担当であるDurai Jasperは話した。彼は学生が金曜日(2014年2月21日)に死亡したことを確認した。

A post by MCC’s department of social welfare on a social networking site on 13 Feb [2014] said the man complained of shoulder pain after 2 days, and his parents took him to a doctor close to their home. The doctor informed them that the man was displaying symptoms of advanced stage of rabies and told them to take him to a government hospital.

 MCCの社会福祉学部の2014年2月13日付けソシアルネットワーキングサイトの公表によると、その人(学生)は2日前から肩の痛みを訴え、彼の両親が家の近くの医師に連れて行った。医師は、その人が狂犬病の前駆期の症状を呈していると告げ、彼を政府系の病院へ連れて行くよう話した。

[Byline: M Ramya]

Communicated by: ProMED-mail from HealthMap Alerts

[Unfortunately, human rabies cases of canine origin are not rare in India, and a case occurred last year (2013) in Tamil Nadu state. It is not clear why the female classmate was given post-exposure treatment for rabies, but the young man was not. This case underscores the need to have the source of the virus, in this situation the puppy, tested for rabies. Had that been done, the young man undoubtedly would have been treated for rabies exposure.

残念なことに、インドでは犬由来の人狂犬病症例はまれなことではなく、Tamil Nadu州においても昨年(2013)1症例が発生した。どうして女学生のクラスメイトは暴露後免疫処置を受けたのに男子学生は受けなかったのかは明らかでない。この事例は、ウイルスの出所を知ること、この事例の場合は子犬で、狂犬病の検査についての必要性を強調している。もしそれがなされていたなら、その若者は疑いなく狂犬病暴露に対する処置をされていたことだろう。

PageTop