Home >News > ProMED翻訳情報(242回) ~バリで発生した狂犬病による子供の死亡事例~

ProMED翻訳情報(242回) ~バリで発生した狂犬病による子供の死亡事例~

2014.04.04

RABIES – INDONESIA (02): (BALI) CANINE, HUMAN

*********************************************

Date: Sat 15 Feb 2014  Source: Bali Discovery Tours [edited]

日付:2014年2月15日(土)  情報源:Bali Discovery Tours(編集済)

The Bali Post reports the 2nd rabies death in January [2014]. A 7-year-old boy from the Village of Suwug in the Sawan sub-district of Buleleng died at the Buleleng General Hospital on 25 Jan 2014. The boy had suffered a dog bite at his home one month before, on 17 Dec 2013.

バリポストは、(2014年)1月における2例目の狂犬病による死亡を報告している。ブレレン県のサワン副行政区のSuwug村に住む7歳の少年が2014年1月25日、ブレレン総合病院で死亡した。その少年は1ヶ月前の2013年12月13日、自宅でイヌの咬傷事故に見舞われた。

In an unusual development, the press reports that the boy’s father who was more severely bitten by the dog sought and received anti-rabies serum, but the boy’s parents did not bother to seek similar treatment for their son.

通常の展開ではないのだが、よりひどくイヌに咬まれた少年の父親は抗狂犬病血清(による治療)を求め、接種を受けた。しかし、少年の両親は気にもせず息子に同様の治療を求めなかった。とバリポストは伝えている。

Local villagers, precluding a chance for health officials to run tests to confirm the dog had died of rabies, disposed of the dog’s carcass. The untreated 7-year-old boy fell sick one month after he was bitten and was hospitalized for suspected rabies for 2 days before his death on 25 Jan [2014]. Typically, once the clinical symptoms of rabies have manifested themselves in a patient no amount of medical attention can prevent the disease from taking its fatal course.

地元の村民はイヌの死体を処分したために公衆衛生担当者がそのイヌが狂犬病で死亡したことを確認するための検査をする機会を失ってしまった。(適切な)治療を受けなかった7歳の男児はイヌに咬まれたあと1ヶ月後発病し、狂犬病の疑いで入院して二日後の2014年1月25日に亡くなった。一般的に、一旦狂犬病の臨床徴候が現れてしまうと、あらゆる治療を総じても死の経過をたどるその病気から患者を守ることはできない。

Earlier another Buleleng resident, 46 years old, died on Saturday, 4 Jan 2104 from rabies after being bitten by a local puppy.

もう一人、ブレレン県の46歳の住民がこの事例に先立って、地元の子犬に咬まれたあと2104年(2014年のミスタイプ)1月4日土曜日狂犬病で死亡した。

Communicated by:  ProMED-mail from HealthMap Alerts

Bali suffered a very serious rabies outbreak in 2011. Although the outbreak died down, the above situation with the 2 new human deaths indicates that the virus continues to circulate in the dog population. That calls for intensification of the vaccination campaign for dogs there. It is baffling to understand why the father of the family received post-exposure treatment, but his son did not, with tragic consequences. Although the dog in question was not tested for rabies, he clinical signs of human rabies are distinctive enough, and familiar to local health professionals, that the diagnosis seems reliable.

バリ島は2011年にとても深刻な狂犬病の流行に見舞われた。その流行は収まりつつあったが二人の新たな死を伴う上記の状況は狂犬病ウイルスがイヌ間での流行し続けていることを示している。そのことはその地でのイヌへのワクチン接種活動の強化を宣告している。どうして家族の父親は暴露後発症予防処置を受けたのに息子は受けなかったのか、悲惨な結果となり理解に苦しむ。問題の犬は狂犬病の診断を受けなかったけれど、現地の保健衛生の専門家にとって、男児が示したヒト狂犬病の臨床徴候は極めて特徴があり、よく知られており、その診断は信頼できるように思える。

PageTop