Home >News > ProMED翻訳情報(244回) ~最近のフィリピンにおける狂犬病の状況~

ProMED翻訳情報(244回) ~最近のフィリピンにおける狂犬病の状況~

2014.04.04

RABIES – PHILIPPINES: MINDANAO
******************************
Date: 3 Mar 2014  Source: Philippine Information Agency [edited]
The City Health Office (CHO) here said cases of rabies virus in the city have increased from January to February, this year [2014].
市の保健局(CHO)は、今年の(2014年)1月から2月に市内での狂犬病ウイルス症例が増えていると、ここで述べた。

 
City Health Officer Dr. Emmanuel A. Plandano, during the pressconference held recently, said 3 human deaths caused by rabies were recorded by the communicable disease coordinator in the 1st 2 months of this year [2014]. Dr. Plandano said the victims were from different barangays of the city: “One 50-year-old, male from Purok 10, BM died on 22 Jan 2014; one 8-year-old boy from Purok 5, BC died on 11 Feb 2014, and one 54-year-old, female from Purok 1, BS died last 26 Feb 2014.”
市保健局員のEmmanuel A. Plandano医師は、最近行われた記者会見で、伝染性疾患の管理局員より今年(2014)になって最初の2ヶ月間に3名の狂犬病死亡例が記録されたと述べた。被害者は市内の別々のbarangays(最小行政単位)で発生しており、Plandano医師は『一人はPurok(集落)10の50才男性、BMで2014年1月22日死亡、もう一人はPurok5の8才男児BCで2014年2月11日に死亡、さらにPurok1の54才女性BSが先月2014年2月26日に死亡した。』と述べた。

(BM, BC, BSは省略した個人名と思われる)
“One case of rabies is already considered an epidemic, because a 100-meter radius of the rabies positive area should be quarantined, and all dogs and cats within this area should be immunized with anti-rabies vaccine to avoid proliferation of said virus; that is why we are asking the help of our friends from the tri-media to help us disseminate our campaign against rabies,” Plandano added.
『一症例の狂犬病がみられたということは既に流行していることが考慮され、狂犬病陽性地域の100m半径内は検疫されるべきで、この地域内の全ての犬や猫はウイルスの蔓延を防ぐため抗狂犬病ウイルスワクチンで免疫化されるべきである。そのため、私たちは3つの報道関係友人達に狂犬病に対する私たちのキャンペーンを広めてもらうよう援助を求めている。』とPlandano医師は加えて述べた。
Plandano also said to avoid proliferation of the said virus, the city health office will continue their support to the veterinary office through its surveillance and advocacy on rabies immunization. They will also help in the conduct of free rabies vaccinations, especially in those areas identified as positive for rabies.

 

また、狂犬病ウイルスの拡散を防ぐため、狂犬病の監視とワクチン接種の支援を通して市保健局は引き続き獣医局をサポートしていく予定であるとPlandano医師は述べた。また彼らは、特に狂犬病陽性と特定されたそれらの地域における無料の狂犬病ワクチン接種の実施を援助するでしょう。
For his part, the Sangguniang Panlungsod Chairman of the Committee on Health, City Councilor Baltazar Abian, encouraged all pet owners to take care of their pets and be responsible enough to bring them to the doctors and have them vaccinated.

保健委員会のSangguniang Panlungsod委員長である、市会議員Baltazar Abianは、全てのペット飼育者に飼育動物の世話をすることとワクチン接種のために獣医へ連れて行く責任をもつよう呼びかけている。

 

“Republic Act 9482, or the Anti-Rabies Act of 2007, and other local ordinances must be enforced to reprimand those irresponsible pet owners,” Abian said.
『共和国条例9482または2007年の抗狂犬病条例、その他の地方条例によって無責任な飼い主を懲戒処分するべきである』とAbian氏は述べている。

Communicated by:  ProMED-mail

[Though vaccination is free, and there is an active control programme, there are problems. Not only have they been suffering severe storms, but dog meat is regularly consumed, and vaccination is believed to make a dog unsafe for consumption (see Rabies – Philippines (04): (NC) comment 20130409.1633158), as do the various drugs used to euthanize dogs, and, all in all, limit control of this dog market. All this maintains a high risk rate for human rabies in the country; see
<http://web.gideononline.com/web/gdn_multi_graph_image.php?gdn_form=Z3JhcGhfaWQ9NDU4OS4wMVgsNDU4My4wMVgsMzc3My4wMVg=>.

 

ワクチン接種が無料で、積極的な制御プログラムがあるにも関わらず、まだ問題がある。深刻な被害を受けてきたことだけではなく、犬の肉が日常的に消費されており、犬を安楽死させるのに様々な薬物が使われている一方で、食用の犬にワクチン接種をすることは食用として安全ではなくなると信じられていることなど(参照:Rabies – Philippines (04))、概して犬市場の制御には限界がある。これら全てにより、国内のヒト狂犬病に対して高いリスクが維持されている。

PageTop