Home >News > ProMED翻訳情報(245回) ~カナダで発見された狂犬病のコウモリの2事例~

ProMED翻訳情報(245回) ~カナダで発見された狂犬病のコウモリの2事例~

2014.04.26

RABIES – CANADA: (SASKATCHEWAN) BAT
***********************************
Date: Mon 3 Mar 2014  Source: Healthy Wildlife [edited]

The CWHC (Canadian Wildlife Health Center), Western and Northern Region, recently had 2 interesting big brown bat submissions. One bat had been submitted to a rehabilitation facility in October 2013 after being found on the ground by members of the public in Saskatoon. She had bruising around her shoulder and was described as “bitey” when being handled. The 2nd bat was found in a local church on 10 Jan 2014, captured in a container and taken to the same rehabilitation facility. This male bat had crusting lesions on his chin.
CWHC(Canadian Wildlife Health Center:カナダ野生動物衛生センター)は西部と東部地域で、最近2頭の興味深いオオクビワコウモリの提出を受けた。1頭はサスカトゥーンの市民メンバーにより地面で発見され、2013年10月に野生復帰施設に提出された。そのメスのコウモリは肩部周辺に打撲のような傷があり、捕獲されるときに咬もうとしたと記述されている。2番目のコウモリは2014年1月10日に地元の教会で発見され、容器に入れられて同じ野生復帰施設に連れて来られた。こちらのオスのコウモリは下顎部の傷が痂皮を形成していた。

The bats were housed individually under conditions that would induce normal torpor or hibernation but they were reluctant to drink and had lost weight. There was difficulty regulating the temperature of the hibernation chamber, with the temperature dropping below 4 deg C [39.2 deg F] rather than maintaining the desired temperature range of 6-9 deg C [42.8-48.2 deg F]. The bats subsequently died within 2 days of each other (the female on 16 Feb 2014 and the male on 18 Feb 2014) and were submitted for autopsy the following day.
それらのコウモリは通常の休眠もしくは冬眠状態を誘発させる環境で個別に収容された。しかしそれらは飲水しようとせず体重が減少した。冬眠室の温度を一定に保つことが困難であり、求められる摂氏6度から9度(華氏42.8度から48.2度)を維持するよりむしろ摂氏4度(華氏39.2度)以下に落ちてしまっていた。コウモリはその後それぞれ2日以内に(メスは2014年2月16日、オスは2月18日)に死亡し、後日剖検のために提出された。

On examination of brain tissues under light microscopy characteristic rabies virus inclusion bodies, so called Negri bodies, were observed and immunohistochemical stains, specific for rabies, confirmed the diagnosis. As there was no history of direct human contact, samples were not sent to the Canadian Food Inspection Agency (CFIA) rabies lab until after the diagnosis was made by CWHC.
光学顕微鏡下での脳組織の検査ではネグリ小体と呼ばれる特徴的な狂犬病ウイルスによる細胞質内封入体が検出された。また、狂犬病に特異的な免疫組織化学染色で確定診断がなされた。ヒトへの直接の接触という稟告がなかったので、CWHC(カナダ野生動物衛生センター)で診断が行われたあとまで検査材料はCanadian Food Inspection Agency(CFIA:カナダ食品監視局)狂犬病研究室へは送られなかった。

These cases are interesting for several reasons. First, it highlights the importance of bats as a source of rabies in Canada, and elsewhere, and the potential of bats to come into contact with humans. Big brown bats often hibernate in buildings and for that reason are found frequently by members of the public. Live bats are commonly taken to rehabilitation facilities due to public education campaigns stressing the importance of these often maligned animals.
これらの事例はいくつかの理由で興味深い。まず、カナダや他の場所での狂犬病の感染源としてのコウモリの重要性や、人と接触するコウモリの可能性を強調している。オオクビワコウモリはしばしば建物の中で冬眠をする。そしてそのため公衆の人たちに頻繁に発見されている。生きたコウモリは公衆衛生教育活動でしばしば害獣としての重要性が強調されているために、通常野生復帰施設に連れて来られる。

Fortunately this rehabilitation facility had taken precautions to prevent human exposure. We have had similar situations in the past where bats have tested positive while being rehabilitated and precautions had not been taken which resulted in post-exposure treatment of people and considerable anxiety for those involved. These 2 cases are also interesting because of the long incubation period observed in these bats, assuming they were suffering from rabies at the time they were submitted to the rehabilitation centre and they did not have contact with each other.

幸運な事にこの回復施設ではヒトへの曝露予防措置が取られていた。我々は過去には似たような状況になった経験がある。野生復帰中にコウモリが検査で陽性となり、そこでは予防措置が取られていなかった。結果として、関係者が曝露後発症予防処置を受け、かなり懸念すべきこととなった。これらの2事例は、それらのコウモリが野生復帰施設に連れてこられた時、お互いに接触していなかったが、共に狂犬病に感染していたと仮定すると、これらのコウモリに長い潜伏期間が観察されたことは大変興味深い。

Finally these cases are also noteworthy as it highlights the changing role of the federal Canadian Food Inspection Agency (CFIA) in rabies diagnosis and surveillance. The CFIA will only test animals for rabies when there is a human health risk but will confirm the diagnosis of positive tests from non-human health risk cases done in other laboratories. The Canadian Wildlife Health Cooperative, and other similar agencies, have now taken on primary responsibility for diagnosis and surveillance of rabies in wildlife. Appropriate precautions should always be taken when handling bats in order to prevent exposure to rabies and other diseases.
最後にこれらの事例は、連邦カナダ食料監視局(CFIA)が狂犬病の診断やサーベイランスを行うよう役割が変わっていることを強調している点で注目に値する。CFIAはヒトへの狂犬病感染のリスクがある時に動物の検査をするだけでなく、他の研究施設で行われたヒト以外の陽性診断の確認も行う。カナダ野生動物衛生共同体や他の類似の研究所は今や野生動物の狂犬病診断やサーベイランスの第一段階での職責を担っている。コウモリを扱う際には狂犬病や他の疾病の曝露を予防するための適切な予防処置が常に取られている。

Communicated by:
ProMED-mail from HealthMap Alerts

[The big brown bat (_Eptesicus fuscus_) is native to North America,
Central America, the Caribbean, and extreme northern South America.
For a picture go to
オオクビワコウモリ(Eptesicus fuscus)は北アメリカおよび、中央アメリカ、西インド諸島、南アメリカの北端に棲息する。画像はこちら。
.
They can bite while being handled (see picture at
取扱中に噛み付く可能性がある(画像を参照)
),

so manipulation of rabid animals by well-intentioned citizens is extremely dangerous.
したがって、捕獲しようという意志のある市民による狂犬病発症動物の取り扱いは大変危険である。

Genetic evidence suggests that rabies is an old disease for bats in the New World. Bats from most of the estimated 41 bat species in the United States, when sampled in sufficient numbers, have been found to be infected with rabies virus. Rabies viruses recovered from bats were shown to be distinct from rabies viruses recovered from terrestrial mammals, suggesting that these viruses evolved within their bat hosts.
遺伝学的研究の結果は狂犬病が新世界のコウモリにとってひとつの古い疾病であることを示唆している。十分な量の材料で調べるとアメリカ合衆国に棲息する推定41種のコウモリのほとんどが狂犬病ウイルスに感染することが見つかっている。コウモリから分離された狂犬病ウイルスは陸生哺乳動物から分離された狂犬病ウイルスと異なっていることが示されており、これらの狂犬病ウイルスはコウモリという宿主の中で進化したことを示唆している。

Bat rabies viruses are genetically diverse, exhibiting mutations characteristic to each host bat species. These data suggest that rabies viruses are maintained in animal populations predominantly through intraspecific transmission. That is, transmission rarely occurs between species, such as when a rabid bat infects a human. These “spillover events” generally are not perpetuated in the recipient species.
コウモリの狂犬病ウイルスは遺伝学的に多様であり、それぞれのコウモリ種に特徴的な変異を示す。これらのデータは狂犬病ウイルスが種内伝播をすることにより専ら動物集団内で維持されていたことを示唆している。換言すれば、狂犬病で発病したコウモリがヒトに感染させるときのような異なる種間での伝播は稀にしか起きない。これら異種動物への「漏出事例(スピルオーバー)」は、通常感染を受けた動物種の中では持続しない。

Portions of this comment were extracted from
このコメントの一部は以下からの抜粋である。
.

PageTop