Home >News > ProMED翻訳情報(246回) ~フィリピンの一部地域における狂犬病予防の現状~

ProMED翻訳情報(246回) ~フィリピンの一部地域における狂犬病予防の現状~

2014.04.26

RABIES – PHILIPPINES (03): (AKLAN) HUMAN, CANINE, VACCINATION
*************************************************************
Date: Wed 5 Mar 2014   Source: Philippine Information Agency [edited]

Massive dog vaccination, info campaign urged to eradicate rabies in Aklan
アクラン州の狂犬病撲滅のために要請されたイヌへの集団ワクチン接種と情報提供活動
————————————————————————-
With the deaths of 2 Aklanons [from Aklan province, Western Visayas region] due to rabies just this February [2014], the Provincial Health Office (PHO), Office of the Provincial Veterinarian and other member-agencies of the Provincial Rabies Control Committee (PRCC) are one in calling for a massive year-round vaccination of dogs in the province. The PRCC members, in a recent meeting, also agreed that year-round information campaigns to be conducted in schools in the province are essential to raise awareness on the importance of dog vaccination against rabies and on the necessity too of seeking medical attention as soon as possible once a person gets bitten by a dog or any other animal that could be carrying the rabies virus.
(西ヴィサヤ地方のアクラン州出身の)二人のアクランの人がまさにこの2月(2014年)に狂犬病でなくなったことで、州保健所(PHO)および、州獣医師会、他の州狂犬病管理委員会(PRCC)の関係局は州内のイヌへの通年集団ワクチン接種の要請を受けて一つにまとまっている。PRCCの関係局はまた、最近の会議において、州内の学校において周年実施される情報提供活動が、イヌへの狂犬病に対するワクチン接種が重要であることや、狂犬病ウイルスを保有している可能性のあるイヌや他の動物に咬まれたらできるだけ早く治療を求めることもまた必要だということを知らしめることが必須であることにも合意した。

The 2 who died from rabies — one from Kalibo and one from Madalag — were said to have been brought only for treatment to the hospital when they were already manifesting signs and symptoms of rabies infection, which are aerophobia or fear of drafts of air and hydrophobia or fear of water. [At this clinical point, death is essentially certain. – Mod.MHJ]
狂犬病でなくなった二人のうち一人はカリボ市出身でもう一人はマダラグ市出身だったが、二人がもはや治療のために連れて来られた時にはすでに共に恐風症もしくは隙間風を怖がる症状や恐水症もしくは水を怖がるという狂犬病感染の症状や徴候がすでに現れていたと言われている。(この臨床徴候の時点で、ほぼ確実に死亡する。MHJ注釈)

The victim from Madalag also preferred to undergo a “tandok” than to seek immediate medical attention. According to older folks, “tandok” is a process of extracting the rabies virus from an animal bite victim with the use of a deer’s horn.
そのマダラグ市の患者はまたすぐに医療処置を受けることより「タンドク」を受けることを選んだ。年寄り達によると「タンドク」とは鹿の角を使用して動物咬傷の被害者から狂犬病ウイルスを抜き出す行為である。

The information and education campaign (IEC) in schools to be conducted this year [2014], which was pushed by Department of Education-Aklan Schools Division Planning Officer Edna Ayon, is hoped to help in eradicating this belief and practice in the barangays. “After the information campaign, school children can then tell their parents to have their pets vaccinated after hearing lectures or seeing videos during the activity,” Ayon said. Parents could also be invited to attend the information campaign, according to Ayon.
教育省のアクラン市学校部門計画官のEdna Ayon氏が推進しているこの年(2014年)に行われるべき学校での情報教育活動(IEC)が、村落(訳者注:バランガイは最小の地方自治体)における信頼と実践が撲滅の一助となるよう期待されている。Ayon氏は「情報提供活動のあと、生徒たちは活動の中で講義を聞いたりビデオを見たりしたあと次に自分の親に、飼育しているペットに狂犬病ワクチンを打つよう話をすることができます。」と述べた。Ayon氏によると親もその情報提供活動に参加するように促している。

On the other hand, Ben Prado of the Department of the Interior and Local Government (DILG) said the information campaign, as well as dog vaccination could also be held to coincide with barangay assemblies spearheaded by the DILG and conducted in barangays twice a year.
一方、内務及び地方自治省(DILG)のBen Prado氏はイヌへのワクチン接種と同時に情報提供活動をDILGの陣頭指揮により村落の集会で、また年に二度は村落で多分行われるでしょうと述べた。

In the 2013 Rabies Program Annual Report, Dr. Cornelio Cuachon, Provincial Health Officer I, reported that in 2013, there were 3608 reported animal bites, while only 2821 of these cases sought post exposure prophylaxis (PEP) from animal bite centers in the province. Dr. Cuachon disclosed that in 2012 and 2013, there were no reported [human] rabies deaths in Aklan.
While Boracay Island had been already declared rabies-free in September 2013, Aklan province aims to be rabies-free by 2020.

2013年狂犬病計画年報で、州の衛生一等担当官であるCornelio Cuachon博士は2013年には3,608件の咬傷事故が報告されているが、州の動物咬傷センターからの報告によると、そのうちたったの2,821件しか暴露後予防(PEP)が行われていないと報告した。Cuachon博士は2012年及び2013年にはアクラン市において(ヒト)狂犬病による死亡例は報告されていないことを明らかにした。
ボラケイ島は2013年9月にすでに狂犬病清浄化したと宣言したが、アクラン州は2020年までに狂犬病清浄化を狙っている。[Byline: Venus G. Villanueva]

[In the 2011 posting (archive no. 20110926.2920) it was stated: “The technical working group (TWG) on rabies prevention and control in Western Visayas is led by the Department of Agriculture and the Department of Health with members coming from the Department of the Interior and Local Government, Department of Education, Philippine National Police, Philippine Information Agency, and the private organizations, among others.
2011年の投稿(公刊番号20110926.2920)では、西ヴィサヤ地方における狂犬病予防及び制御のための技術作業部会(TWG)は、内務及び地方自治省、教育省、フィリピン国家警察、フィリピン情報局、その他私的組織から出向したメンバーと共に農業省および、衛生省により統率されていると述べられていた。

“The TWG as one of its activities on the campaign against rabies, has conducted an orientation on rabies prevention program for teachers in Western Visayas. The activity was attended by school superintendents, principals, and school heads from the various schools’ divisions in the region. Dr Jimenez said that the activity hopes to integrate the rabies module in the elementary school curriculum so that the children will be engaged in the war against rabies, and would contribute significantly to the program’s sustainability.
狂犬病に対するキャンペーンの活動の一つとして、TWGは西ヴィサヤ地方の学校教師に狂犬病予防計画の説明会を実施している。その活動はヴィサヤ地方の様々な学校部門の学校監督者や校長、主任などに世話になっている。Jimenez博士はその活動が小学校教育のカリキュラムに狂犬病に関する単位が盛り込まれることを望む。そのことにより子どもたちは狂犬病との戦いに興味を持ち、この計画の継続性に大いに貢献するだろうと述べた。

‘There will still be a lot of fine tuning before we achieve getting the anti-rabies program into the schools’ curriculum, but we hope that sooner the concerned sector will address this issue so that the pupils who are always the victims will have a year-round reminder about the threats posed by rabies to human health,’ Jimenez said and added that ‘continuous education on methods for preventing rabies will play a more important role in eradicating the disease because it involves communities at all age levels, and the teachers really are in constant contact with the children in elementary schools to teach them about rabies.'”
「学校のカリキュラムの中に狂犬病をなくすための計画を加える前にはまだ幾つもの細かな調整があります。しかし、私達はより早く関係部局がこの問題に取り組んでくれるよう望みます。そうすることにより、いつも犠牲者になる幼い子供達が狂犬病によるヒトの健康への脅威(のこと)を年中気付くでしょう。」とJimenez博士は語り、こう付け加えた。「そのことはすべての年齢層が地域社会に関わり、また、狂犬病について教育するために、先生方が小学校で本当にいつも子どもたちと接点を持っているので、狂犬病予防方法を継続的に教育することは、狂犬病の根絶により重要な役割を演じることになるでしょう。」。

The above is similar to what they are deciding to actually do now in 2014, and why they are optimistic in achieving eradication for Aklan by 2020. During my time with PAHO in the mid-1970s they planned on any successful Brazilian urban rabies eradication program taking only 3 years, not 6, and the Brazilian programs were very effective. Some may wonder why the education program should come into the home via school children. There is precedence for this. I have an Argentine coloured comic book educating rural families on foot-and-mouth vaccination of the family cattle. It worked. And the only way to stop human rabies is by vaccinating dogs, both the family dogs and working dogs, and shooting strays. Wildlife-based rabies is another matter.
上記のことは、2014年現在彼らが実際に実施すると決定していることや、2020年までにアクラン州での狂犬病撲滅を達成することに楽観的である理由と類似している。
1970年代中頃に自分がPAHO(訳者注:Pan American Health Organization: 全米保健機構)で過ごした期間に、彼らは6年ではなく3年でブラジルの都市部で発生している狂犬病を撲滅するという優れた計画を作った。そしてそのブラジル人の計画は大変効果的だった。何人かのヒトは教育計画を学校に通う子どもたちを通じて家庭に持ち込む理由について疑問に感じるかもしれない。これに対して先行事例がある。私は、家庭で飼育する牛への口蹄疫ワクチン接種を僻地の家庭に教育する一冊のアルゼンチンのカラー印刷の漫画を持っている。それは有効に働いた。ヒトの狂犬病をなくす唯一の方法は家庭犬と使役犬の両方に狂犬病ワクチンを接種することと放浪犬を撃つ(駆除する)ことである。野生動物に基づく狂犬病はまた別の問題である。

Western Visayas, one of the regions of the Philippines, is designated as Region VI. It consists of 6 provinces — Aklan, Antique, Negros Occidental, Capiz, Guimaras, and Iloilo — and 16 cities, making it the region with the highest number of cities. Iloilo City is the regional center. The location and provinces of Western Visayas can be seen on the map at
西ヴィサヤはフィリピンの地方の一つで、Region VIと呼ばれている。ヴィサヤ地方はさらに6つの州すなわちアクラン州および、アンティーケ州、ネグロスオクシデンタル州、カピス州、ギマラス州、イロイロ州および16の都市で構成されている。それらの市はその地域で人口が最も多い。イロイロ市は地域の中心都市である。

PageTop