Home >News > ProMED翻訳情報(248回) ~ナイジェリアの食用犬処理業者の狂犬病感染の可能性~

ProMED翻訳情報(248回) ~ナイジェリアの食用犬処理業者の狂犬病感染の可能性~

2014.05.07

RABIES – NIGERIA, DOG BUTCHERING
狂犬病 – ナイジェリア、犬の食用処理
*********************************
Date: Wed 19 Feb 2014  Source: Global Alliance for Rabies Control [edited]

Dog butchering exposes Nigerian meat handlers to rabies
犬の食用処理は、ナイジェリアの肉取扱い者を狂犬病に曝露している。
——————————————————-
A study conducted in southeastern Nigeria, whose native population consumes dog meat as part of the traditional diet, detected the rabies virus in the saliva and brain tissue of 5 percent of slaughtered dogs.
Researchers also confirmed that butchers take few precautions around symptom-free dogs prior to slaughter, using their bare hands to muzzle animals without using adequate protection against bites, potentially placing butchers at high risk for contracting rabies.
先住民が伝統的な食事の一部として犬の肉を食べる南東ナイジェリアで行われた研究は、食用処理された犬の5%で、それらの唾液と脳組織に狂犬病ウイルスを検出した。
研究者たちはまた、肉取扱い者たちが食用処理の前に無症候のイヌに囲まれ、咬みつかれることに対しての十分な防御無しに彼らの素手で動物に口輪をつける、潜在的に狂犬病にかかる高いリスクの中に身を置く、などほとんど予防策をとらないことを確認した。

A recent rabies outbreak in neighboring Cross Rivers State in Nigeria claimed the lives of 8 people who suffered dog bites, showing that rabies is a growing regional problem.
ナイジェリアのCross Rivers州近隣の最近の狂犬病の発生は、イヌの咬傷で8人の人々が亡くなっており、狂犬病が地域問題になっていることを示している。

To gain a clearer understanding of the extent of rabies in the area, researchers sampled saliva and brain tissue in 100 local dogs slated for butchering and tested them for the presence of rabies virus. The results of tests on saliva and brain samples were in agreement, and all positive cases of rabies (5 percent) were from apparently healthy, asymptomatic, indigenous breeds — confirming that dogs slated for consumption shed the virus in saliva at the time of butchering.
その地域における狂犬病流行の広がりのよりはっきりした知識を得るために、研究者らは食用処理する予定の100匹の地域の犬における唾液と脳組織を採集し、狂犬病ウイルスが存在するかどうか検査した。唾液と脳のサンプルの試験結果は一致しており、狂犬病であったすべての症例(5%)は、外見上健康で無症候の地域の固有種だった。 — それら消費される予定のイヌたちが食用処理する時点で唾液にウイルスを排出していることを確認した。

Because dog meat is habitually consumed, and local butchers are unable to screen out infected animals and remove them from the food supply, the handling of infected dog meat may have implications on regional public health. There is potential for virus transfer if fluids or nervous tissues of infected animals come into contact with breaks in the skin before the meat is cooked.
犬の肉が習慣的に食べられていて、地元の肉取扱い者たちが感染動物を選抜して、食物供給からそれらを取り除くことができないので、感染した犬の肉の取り扱いは地方公衆衛生に密接に関係しているかもしれない。肉が調理される前に感染動物の体液または神経組織が皮膚の裂傷と接触する場合、ウイルスがうつる可能性がある。

In addition to the challenges of screening dogs for rabies, researchers found that a lack of rabies vaccination (for both butchers and dogs), unsafe dog handling habits, and low levels of formal education placed local butchers at high risk for rabies infection. A questionnaire distributed to 19 butchers of dog meat revealed that nearly all meat handlers (94.7 percent) had been bitten in the past during the butchering process, none were vaccinated, and very few had sought appropriate medical treatment (27.8 percent) — preferring traditional medicines based on local plants and ashes instead.
狂犬病のためにイヌを検査する試みに加えて、(肉屋とイヌの両者に対する)狂犬病ワクチンの不足、危険なイヌを取り扱う習慣、正規の教育のレベルの低さが、地元の肉取扱い者たちを狂犬病感染の高い危険にさらしていることを研究者は知った。イヌの肉の取扱い者19人に配布されたアンケートは、ほぼすべての肉取扱い者(94.7%)が過去の食用処理作業中に咬まれていて、誰もがワクチンを受けておらず、ごく少数が、適切な医学的処置を求めていた(27.8%)。代わりに現地の植物と灰に基づく伝統的な薬をむしろ選んでいた。

No data was collected to correlate exposure to infected dog meat to the number of rabies infections in people, but the study confirmed that the rabies virus can be present in seemingly healthy dogs in the dog meat trade in Nigeria.
ヒトにおける狂犬病感染数と感染したイヌ肉への曝露と関連するデータは一つも集められなかったが、研究は、ナイジェリアのイヌ肉取引において、狂犬病ウイルスが一見健康そうなイヌに存在しうるということを確認した。

This poses an additional risk to butchers, their suppliers, and their customers. By disclosing the risky butchering practices in Nigeria, this study may encourage health authorities to provide targeted rabies education to the local population so that dog slaughter can be highlighted as an additional source of rabies exposure.
これは、肉取扱い者、彼らの供給元と彼らの顧客に更なる危険を提起している。ナイジェリアでの危険な食用処理習慣を明らかにすることによって、この研究は、犬の食用処理が狂犬病の更なる曝露源として強調するために、目標とした狂犬病教育を地元住民に提供することを保健当局に勇気付けるかもしれない。

(Contributed by Laura Baker, a scientific writer and GARC volunteer, based on the publication by Mshelbwala, Ogunkoya and Maikai in ISRN Veterinary Science, Volume 2013 (2013), Article ID 468043, p1-5.)
(科学記者およびGARCボランティアのLaura Bakerが、ISRN Veterinary Science, Volume 2013 (2013), Article ID 468043, p1-5.のMshelbwala, Ogunkoya and Maikaiによる出版物に基づいて投稿)


Communicated by:Shamsudeen Fagbo    via NBM List

[This warning is but a reiteration of a similar communication in March 2009:
Rabies, via dog/cat butchering – Nigeria 20090329.1212
この警告は2009年3月の同様のコミュニケーションの繰り返しにすぎない。

“Plus ca change…” and if the risk is not perceived, any stray dog with rabies will only get reported when it has bitten and killed a human. I would not be surprised if some 10 to 25 percent of these dog butchers already have antibodies. There is an unfortunate corollary to these — the higher the herd immunity (in the dog butchers), the less likely they are to pay it any attention, get themselves vaccinated, or even push for stray dog control and vaccination. – Mod.MHJ]

“それは変われば変わるほど同じものである” もし、危険を理解しなければ、狂犬病になったどんなノラ犬もヒトに咬みつき殺してしまったときにも、ただ報告されるだけである。これらの犬取扱い者の約10~25パーセントが抗体をすでに持っているならば、私は驚かないだろう。これらには残念な結果がある — (犬取扱い者の)高い集団免疫は、彼らがどんな注意も払わない、彼ら自身ワクチンを打たない、さらにノラ犬に対する制御もワクチンも勧めなくなる。

PageTop