Home >News > ProMED翻訳情報(249回) ~ナイジェリアの食用犬処理に係る狂犬病の危機に関する意見~

ProMED翻訳情報(249回) ~ナイジェリアの食用犬処理に係る狂犬病の危機に関する意見~

2014.05.07

RABIES – NIGERIA (03): DOG BUTCHERING, COMMENTS
***********************************************
[1]Date: Wed 5 Mar 2014  From: Dave Cundiff [edited]

Nice examples, but only one shows human data. When I worked as a state rabies control epidemiologist in the 1980’s, I was told there was a significant proportion of rabies antibodies in non-vaccinated raccoon trappers near the Florida-Georgia [FL/GA] border (from which the East Coast raccoon rabies epizootic began, after FL/GA raccoons were relocated to Virginia for hunting purposes).

すばらしい例ではあるが、一人の人間の例しかない。私が1980年代に、州の狂犬病制御の疫学者として働いていた時、フロリダ/ジョージア州境近くのアライグマ罠猟をしている人々が、狂犬病ワクチン接種を受けていないにもかかわらず、かなり高い割合で抗狂犬病抗体を持っていたと述べた。(狩猟の目的で、これらのアライグマをバージニア州に移したのち、東海岸でアライグマの狂犬病が発生するようになった)

CDC’s rabies experts, who I think mostly worked in the Fort Collins virology offices, were aware of these data, although nobody thought it would serve much purpose to publicize them. (I think everyone figured that if these data were publicized, some people might become complacent about precautions and nobody’s protection would improve.)

Fort Collinsのウイルス部門に主に勤めていたと思われるCDCの狂犬病の専門家達は、これらのデータに気付いたが、これを公表することで、多くの目的に役立つと考えた者はいなかった。(もしこれらのデータを公表したとしても、何人かが予防処置に関して自己満足するかも知れないが、誰の防御も改善しないと、みんなが考えていたのだろう。)

If this, or other similar observations, can be confirmed, it would support Dr Hugh-Jones’ speculation about the Nigerian dog butchers’possible subclinical exposure.

もしこのことが、または他の観察で同様のことが確認できたなら、それはナイジェリアのイヌの食用処理業者における無症状の暴露という、Hugh-Jones博士の推測を支持するものとなるだろう。

There are other encephalitis viruses with bimodal clinical spectra.
Eastern encephalitis may be one of them. Some get minor or no symptoms, while others get devastating brain injury. There’s not much in between, and there’s no clinical warning of impending danger to any particular individual.

ここには、2種類(型)の臨床症状を引き起こす他の脳炎ウイルスが存在する。東部脳炎は、その1つになるだろう。あるものはわずかな症状であるか、あるいは全く見られないが、一方その他では脳組織をひどく損傷させる(ものもある)。両タイプの中間的なものは多くない。無症状は誰に対しても、その危険性を覆い隠す。 (校正者:私も訳に自信がありません)

My personal guess is that this deadly lottery rests on a combination of age, genetic variation, number, and location of viruses injected, and acuity of exposure — but testing these hypothesized risk factors might require more resources, for potentially ambiguous results, than anyone currently wants to spend.

個人的な推測であるが、この致死的な疾患になるかそうでないかは、年齢、遺伝的多様性、数、ウイルスが接種された箇所、暴露の激しさの組合せに基づいているのであろう。しかし、これらのリスク要因の仮説を検証するには、おそらく曖昧な結果に対して、現在誰もが費やしたいと考えているよりも、さらに多くの財源が必要となるかもしれない。

Dave Cundiff MD MPH  Olympia, Washington  USA

******
[2] Date: Thu 6 Mar 2014  From: James Alexander [edited]

A while back, I either read or was told about a fox trapper in Alaska.
Anyway, the guy would use his mouth to strip the pelt off his catch and, if I recall correctly, he had a decent titer to rabies.

この間、私はアラスカのキツネ罠猟師の話を読んだか聞いたかした。どちらであれ、彼は捕えた獲物の皮を口で剥ぐことがあり、そしてもし私の記憶が確かなら、彼は狂犬病に対するかなりの抗体価を持っていた。

We also had the girl form Missouri that was in a Houston Hospital a couple of times with severe headaches, etc. that was titered without having been vaccinated. I think that was in the MMWR.

我々はまた、ひどい頭痛等で数回Houston Hospitalに入院したミズーリ州出身の少女を知っている。彼女もまた、ワクチン接種なしに抗体価があった。これは、MMWR(Morbidity and Mortality Weekly Report)の記述であったように思う。

James L Alexander, DVM, MPVM, DACVPM Regional Zoonosis Control Veterinarian Texas Department of State Health Services WTAMU Box 60968 300 Victory Drive
Canyon, TX 79016 USA

[There appear to be a number of stories, documented studies and anecdotal, of humans with rabies titres but no history of vaccination. Some appear to be associated with clinically severe headaches. This is clearly a topic awaiting a doctoral dissertation. Target cohorts for bleeding and testing might include Mexican bat guano miners — the various bat species in these caves and volcanic vents have histories of rabies — or even Texans routinely exposed to Mexican free-tail bats, fox trappers, and family members with headaches and inapparent infected pets.

[これらは、ワクチン接種の履歴がないが、抗狂犬病の抗体力価を持つ人々についての調査、あるいは逸話についての記述のようである。いくつかは、症状として激しい頭痛を伴うようだ。これは、明らかに博士論文のために用意されているトピックの1つである。(野生動物に関連する?)採血や診断を対象とするコホート研究は、メキシコのコウモリ糞の採掘者(メキシコの洞窟や火山性の開孔部に生息する様々なコウモリ種には、狂犬病の事例がある)や、メキシコオヒキコウモリに日常的に接するテキサス人、キツネ罠猟師、不顕性の感染症に罹患したペットを飼っており、なおかつ頭痛の症状が見られる家族などを含むかもしれない。

I can appreciate why such events do not get followed up as the documented existence of such individuals with positive titres might dissuade truly exposed individuals from getting treatment and post-exposure vaccination at a high human cost. I still get vaccinated every 3 years or so because of the real possibility of exposure in the field as an investigative veterinarian; my medical friends say I can stop as I probably already have a respectable titre.

私には、この様な出来事が何故追跡調査されないのか理解できる。おそらく、陽性抗体価を持つこの様な人々の明確な存在が、実際に(狂犬病に)暴露した人が費用の高価さのために、治療や暴露後のワクチン接種を受けることを思いとどまってしまうのだろう。獣医研究者として野外で本当に暴露を受けている可能性があるので、私は未だにほぼ3年毎にワクチン接種を受けている。医療従事者の友人は、私はおそらくもう十分な抗体価を保持しているので、(ワクチン接種を)やめることができる、と言った。

Dave raises an interesting parallel point with EEE [eastern equine encephalitis]. For many years Louis MacFarland, our State Epidemiologist, and I compared notes about the human cases of EEE we had in Louisiana. Most were mild even if hospitalised; I can remember only one case with severe neurological damage but he went home eventually. This is very different from the medical textbooks and New Jersey. The logical explanation is that we in the semi-tropics have mosquito activity for some 50 out of the 52 weeks (I had to remove one from my car this morning [6 Mar 2014] and we had ice on the streets on Tuesday [4 Mar 2014]) and thus benefit from herd immunity; unfortunately our horses do not. – Mod.MHJ]

Daveは、((狂犬病と)並行して、)EEE[eastern equine encephalitis:東部ウマ脳炎]と近似する興味深い点を指摘した。長い間、州の疫学者であるLouis MacFarlandと私は、我々がルイジアナ州で出会ったEEEのヒト症例の論文の比較を行ってきた。入院したケースですら、多くは症状が穏やかなものであった。私は重篤な神経の障害を伴ったほんの1例を思い出すことが出来るが、彼は最終的に退院できた。これは、ニュージャージー州(で見られた症例?)や医学の教科書の記述とは大きく違っている。論理的な説明として、我々(のいるルイジアナ州)は亜熱帯地方に住んでおり、52週間のうちのほぼ50週は蚊の活動にさらされている(車の中にいた今朝[2014年3月6日]と、通りに氷が張った火曜日[2014年3月4日]は除外しなければならないだろう)ために集団免疫の恩恵にあずかっている、ということが挙げられる。残念なことに、我々の馬はそうではなかったのだ。

PageTop