Home >News > ProMED翻訳情報(250回) ~ミンダナオ島における狂犬病の発生~

ProMED翻訳情報(250回) ~ミンダナオ島における狂犬病の発生~

2014.05.07

RABIES – PHILIPPINES (02): (SOUTH COTABATO) CANINE, HUMAN, VACCINATION PROGRAM
******************************************************************************
Date: Fri 14 Mar 2014 Source: The Global Dispatch [edited]

In the aftermath of a human rabies death in Sto. Nino town in South Cotabato [Province], Mindanao, provincial health officials declared a rabies outbreak, according to a Philippines News Agency report today [14 Mar 2014].

Philippines News Agencyの本日[2014年3月14日]のレポートによると、ミンダナオ島のSouth Cotabato州Sto. Nino町におけるヒトの死亡事例を受け、州の衛生当局は、狂犬病のアウトブレイクを宣言した。

Dr. Byron dela Cruz, officer-in-charge of the South Cotabato Provincial Veterinary Office, said Friday [14 Mar 2014] they have launched a massive anti-rabies vaccination among pet animals in Barangay Poblacion of Sto. Nino in a bid to prevent the possible spread of the disease to other areas. He said the vaccination drive mainly covers the 2-kilometer [about 1.2-mile] radius of the residence of the 44-year-old who died of rabies complications last March 4.

South Cotabato州のVeterinary Officeの担当者であるByron dela Cruz博士は、金曜日[2014年3月14日]に、他の地域への疾病の拡散の可能性を防ぐため、Sto. NinoにおけるBarangay Poblacionにおいて、ペットを対象とした大規模な抗狂犬病ワクチン接種を開始したと話した。彼によると、ワクチン接種は、先の3月4日に、狂犬病とその併発症で死亡した44歳の住所を中心として、半径2㎞(1.2マイル)の地域で主に行われているとのこと。

[The man], who is so far the 1st rabies fatality in the province this year [2014], succumbed exactly 2 months after being bitten by his own rabid dog, [the officer] said.

[死亡した男性は、]この州における今年[2014年]初めての死者であり、自分で飼っている狂犬病に罹患した犬に噛まれ、ちょうど2か月後に死亡した、と[その担当者は]語った。

Though a relatively rare cause of death in the United States, 55 000 people die globally from this dreaded disease, mostly in Africa and Asia. That’s a rate of one person every 10 minutes. And that shouldn’t be the case because rabies in humans is 100 percent preventable through prompt and appropriate medical care.

アメリカにおいて死亡例はまれであるが、世界全体、主にアジアとアフリカで、(毎年)55,000人が、この恐ろしい疾病のために亡くなっている。これは、10分毎に一人が命を落としている計算になる。早急に適切な治療を受けることで、ヒトにおける狂犬病はほぼ100%防ぐことができるため、これは有り得べからざる事態である。

The Department of Health (DOH) considers a single case of rabies infection as an outbreak due to its high fatality rate. In the entire Region 12, the DOH’s regional epidemiology and surveillance unit (RESU) recorded a total of 19 cases and deaths due to rabies last year [2013].

The Department of Health (DOH)は、その高い致死率に鑑みて、1件の狂犬病感染の事例を1つのアウトブレイクとみなした。昨年[2013年]、Region 12(訳者注:ソクサージェン地方を指す。フィリピンでは自治区を除く17の地方に番号が振られている)全体で、地域における疫学・監視ユニット(RESU)は、計19の狂犬病の発症および死亡例を記録している。 [Byline: Robert Herriman]


[The human rabies death in Sto Nino town, South Cotabato Province, Mindanao has caused an official rabies outbreak to be declared, and the initiation of a regional canine vaccination programme. Such reactive vaccination programmes catch public attention. Unfortunately it is more cost effective to have proactive annual vaccination timed to catch the majority of young dogs and pups before they disperse.

ミンダナオ島South Cotabato州のSto. Nino町におけるヒト狂犬病の死亡事例により、当局は狂犬病のアウトブレイクを宣言し、地域におけるイヌを対象としたワクチン接種プログラムを開始した。このような能動的なワクチン接種プログラムは、人々の耳目を集める。惜しむらくは、どこかへ行ってしまう前に幼若犬をあらかた集め、まとめてワクチン接種を毎年行った方が、より高い費用対効果となるということだ。

PageTop