Home >News > ProMED翻訳情報(253回) ~フランスで発生した人の輸入狂犬病による死亡事例~

ProMED翻訳情報(253回) ~フランスで発生した人の輸入狂犬病による死亡事例~

2014.05.18

RABIES – FRANCE ex MALI
***********************
Date: 4 Apr 2014  Source: BBC [edited]

A man has died from rabies in a Paris regional hospital after visiting Mali.
一人の男性が、マリ共和国を訪れた後、パリの病院で死亡した。

France has eradicated rabies on its territory, officials say. It is an extremely rare case for France, where the disease was officially eradicated in 2001.
フランスは、その領土内で狂犬病が撲滅されていると、職員は述べている。2001年に狂犬病を公式に撲滅したフランスにとって、狂犬病は非常にまれな事例である。

Officials did not explain how the man had caught rabies in Mali. The man’s family and medics who treated him were sent to an anti-rabies centre for possible vaccination.
その男性がマリでどのように狂犬病に罹患したのかは、職員は説明していない。その男性の家族と治療をした医師は、彼を(、送り先の)ワクチン接種の受けられる可能性のある「抗狂犬病センター」に送った。

Africa accounts for nearly half the 55 000 human deaths worldwide from rabies every year, experts say. Bites from infected dogs are most often the source of rabies in humans, as the virus is carried in saliva. Human-to-human infection is extremely rare. Vaccination can save a patient if it is administered before symptoms appear.
専門家によると、全世界で毎年55,000人が狂犬病で亡くなっており、その半分近くがアフリカにおけるものだという。(狂犬病)ウイルスは唾液によって媒介されるため、感染したイヌによる咬傷がヒトにおける最も多い感染源となっている。ヒトからヒトへの感染は非常にまれである。発症する前にワクチン接種することで、患者を救うことができる。

There has been no case of rabies being contracted by humans in mainland France since 1923. Rabies has been diagnosed in about 20 patients in France since 1970, all of whom caught it abroad. The last death was in 2003.
1923年以来、フランス本土において、ヒトが狂犬病に罹ったケースはない。1970年以降、フランスにおいて約20人が狂犬病と診断されたが、全て海外で罹患したものである。最後の死亡例は2003年である。

[The rabies situation in Mali is not clear. In the past 6 years, the only OIE report is of 7 cattle being affected in Koulikoro in 2008, and 6 of these died. With humans, there were no reports of human cases in 2008 or 2009; in 2010, there were 18 cases, all of whom died; in 2011, 28 human cases, and all died; in 2012, there were 209 cases, and 2 died (since clinical cases of rabies die, these “209” may just represent people bitten and vaccinated); and there were no human cases reported in 2013. Obviously, there is a background canine problem.
マリ共和国における狂犬病の状況は明らかではない。過去6年間で、OIEの報告はたった1件であり、Koulikoroで2008年に家畜7頭が罹患し、うち6頭が死亡したというものである。ヒトについては、2008、2009年には報告はない。2010年には18例が報告され、全員が死亡している。2011年には28例が報告され、全員が死亡している。2012年には209例が報告され、2人が死亡している。(狂犬病による死亡は臨床上のケースであるため、“209”という数字は、まさに咬まれてワクチン接種を受けた人々を表しているのだろう)そして、2013年にはヒトの症例の報告はない。明らかに、イヌの問題が背景となっている。

Mali is clearly a country to add to one’s list that maybe one should consider getting vaccinated before getting on the plane. – Mod.MHJ
マリは明らかに、「飛行機に乗る前に、(狂犬病の)ワクチン接種を受けることを検討すべき国」のリストに加わる国である。

PageTop