Home >News > ProMED翻訳情報(255回) ~インドで発生した狂犬病のオオカミによる人の咬傷事例~

ProMED翻訳情報(255回) ~インドで発生した狂犬病のオオカミによる人の咬傷事例~

2014.05.18

RABIES – INDIA (02): (GUJARAT) WOLF, HUMANS BITTEN
**************************************************
Date: Sun 30 Mar 2014  Source: The Times of India [edited]

A wolf believed to be suffering from rabies injured 6 people in a village of Shahera taluka in Panchmahal district [Gujarat state]. The canine had strayed into the village and later died due to the disease.
The wolf was spotted at Narsana village early on Saturday morning [29 Mar 2014] at around 7am by villagers. Forest officials said the animal looked visibly irritated and started attacking persons at the village.
狂犬病に冒されていたと思われるオオカミが、Gujarat州Panchmahal区のShahera taluka村の6名に危害を加えた。村で放浪していた犬が後に狂犬病で死亡している。そのオオカミは2014年3月29日土曜日の早朝、ほぼ7時に村人によりNarsana村で認められた。オオカミは明らかにいらいらしているように見え、村で人々を攻撃し始めた、と森林監督官は話した。

A total of 6 people, who were in the farms or walking on pathways, were targeted by the wolf; 3 of the victims were injured seriously in the incident and had to be rushed to Godhra Civil Hospital for treatment, while 3 others were treated at Shahera community health centre.
農地に居たり歩道を歩いていた計6名の人がオオカミの標的になった。そのうち3名はその事故で重傷を負い、救急でGodhra市民病院に治療のため搬送された。残る3名はShahera地域保健センターで治療を受けた。

Communicated by: ProMED-mail from HealthMap Alerts

[Rabies is widespread throughout India, but in the past 4 years there were only reports for Gujarat in 2012 — the other years were blank in contrast to other Indian states. In that one year, 2012, Gujarat reported 5 outbreaks involving cattle, with a total of 34 cattle affected. Bat rabies is possible in cattle thanks to vampire bats in Latin America, but as they are not found elsewhere, we can assume that the bovine cases followed from canid bites, whether domestic or wild as in this report. In my experience, an absence of reports of an expected public health problem usually indicates a bureaucratic embarrassment. Domestic dog rabies is easily controlled via
vaccination, and many countries have demonstrated success in controlling wildlife rabies through oral vaccination.
狂犬病はインド全体に広く存在しているが、過去4年間でGujaratから報告があったのは2012年のみである。他のインド内州に比べ、2012年以外は空白のままである。その年、2012年には計34頭の牛が感染した5件の流行がGujaratで報告されている。南アメリカの吸血コウモリによって牛でもコウモリの狂犬病が起こり得るが、他の地域では見つかっていないので、牛症例は本報告と同様に家畜あるいは野生にかかわらず犬科の咬傷によって起こされたものだと考えられる。自身の経験上、求められた公衆衛生問題が報告されないことは、一般に官僚政治の機能不全であることを示す。飼育されている犬の狂犬病はワクチン接種により制御することは難しくない。多くの国々が経口ワクチン接種により野生動物の狂犬病制御に成功している。

PageTop