Home >News > ProMED翻訳情報(257回) ~バリ島における狂犬病の現状~

ProMED翻訳情報(257回) ~バリ島における狂犬病の現状~

2014.05.29

RABIES – INDONESIA (05): (BALI) CANINE, HUMAN

Date: Fri 20 Dec 2013   Source: The Jakarta Post, Bali Daily [edited]

After failing to reach its target of being rabies free by 2012, the provincial administration has revised its target to 2015 due to the re-emergence of rabies cases throughout 2013. “We have had to correct our previous target to eliminate rabies in Bali to the year 2015,”said Ketut Suarjaya, head of Bali Health Agency, on Thursday [19 Dec 2013]. Initially, the administration was optimistic about achieving its 2015 rabies-free target. “But there was a human casualty in September 2013, making it hard for us to reach the target,” said Suarjaya. There had been no cases of human rabies infection since July 2012.
2012年までに狂犬病清浄化という目標を達成出来なかった後、地方行政は2013年における狂犬病の再出現により、その目標を2015年に修正しました。”我々は、2015年にバリ島で狂犬病を撲滅するために以前の目標を修正しなければならなかった,”とバリ島保健庁長官のKetut Suarjayaは[2013年12月19日]木曜日に述べた。当初は、2015年に狂犬病清浄化目標を達成することに楽観的だった。しかし2013年9月に人的被害があり、目標達成は困難になりました。“とSuarjayaは述べた。2012年7月以来、人間の狂犬病感染の事例がなかった。

However, in September [2013] a boy was found to have died from rabies.
“Bali can only declare itself rabies-free if there is no single case of rabies in humans or animals within a 2-year period.” In addition to the one human casualty, rabies still infects numerous dogs in Gianyar, Bangli and Buleleng regencies.
しかし、9月[2013年]に少年が狂犬病で死亡したことがわかった。“2年以内に人や動物の狂犬病症例が一つもない場合のみ、バリ島は狂犬病清浄化を宣言することができます。”1人の人間の被害に加え、狂犬病はGianyar, Bangli とBuleleng県の多数の犬にまだ感染しています。

The 1st rabies outbreak in Bali occurred in 2008, starting in Ungasan village. That year,
4 cases of human infection with rabies were recorded. This increased in 2009 to 48 cases and 82 in 2010. After the mass animal vaccination program launched in Bali, rabies cases in humans started to decrease. In 2011, 24 cases were recorded, and by 2012, only 8 cases had occurred. Previously, Bali had targeted eliminating rabies by 2012.
バリ島での第1回の狂犬病流行は2008年に発生しUngasan村で始まった。その年、4例の狂犬病による人の感染が記録された。これが2009年に48例、2010年には82例に増加した。
バリ島において集団動物ワクチンプログラムが開始されると、人の狂犬病症例は減少し始めた。2011年に、24例を記録し、2012年には、8例だけ発生していた。以前は、バリ島は2012年までに狂犬病撲滅を目標としていた。

This year [2013], [a 12-year-old boy] from Buyan hamlet, Pancasari village in Buleleng, died on 9 Sep after a dog had bitten him 3 months earlier. “After the dog bite, the boy did not get the rabies vaccination thinking that it was only a minor bite. We were so disappointed; anyone who gets bitten by a dog must get the vaccination immediately,”
Suarjaya said. He said that the administration had provided and distributed adequate human rabies vaccines to many public hospitals and community health centers to be used free of charge. “We now have at least 8000 vials of rabies vaccines for humans. Next week, we will receive another 41 000 vaccines. So, we have enough,” Suarjaya said.
今年[2013年]、Buleleng県Pancasari村のBuyan集落の[12歳の少年]が、犬に3ヵ月前に噛まれた後9月9日に死亡した。“犬に噛まれた後、少年はそれがわずかな咬傷だと思い狂犬病の予防接種を受けませんでした。我々は大変失望した;イヌに噛まれたものはだれでもすぐにワクチン接種をしなければならない。”とSuarjayaは語った。行政は多くの公立病院と地域の保健センターに無料で使用するために十分な人間の狂犬病のワクチンを準備し配布した、と彼は述べた。“我々は現在、人体用狂犬病ワクチンを少なくとも8000バイアル持っている。来週、我々は別に41000のワクチンを受け取ります。そういうわけで、我々は、十分に持っている、” とSuarjayaは語った。

Rabies vaccinations for both animals and humans have been distributed and available free-of-charge since the 1st rabies case was reported in Bali in 2008. The administration allocated a special budget to handle the issue. The human vaccines are available at some community health centers, Sanglah Hospital and 9 regional hospitals. In private hospitals and clinics, the vaccine is available for INR 130 000 [about USD 10.82] per injection.
動物と人間両方のための狂犬病予防接種は実施され、2008年にバリ島で狂犬病の最初の症例が報告されて以来無償で求めに応じた。行政はこの問題に対処するための特別な予算を配分した。ヒト用ワクチンは、いくつかの地域保健センター、Sanglah病院、9地域の病院で利用できる。私立病院や診療所では、ワクチンは1接種当たり130,000ルピア[約10.82USドル]で利用可能です。

“We will continue to provide free vaccines as long as needed,” Suarjaya said.
“我々は必要なだけ無料ワクチンを提供し続けます。” とSuarjayaは語った。

The number of dog bite cases decreased during 2013, said Suarjaya, with around 100 to 110 bites per day throughout the year. In 2012, dog bite cases reached an average 130 bites per day. To achieve the rabies-free target in 2015 is not an impossible task “as long as people are aware of the importance of getting their dogs vaccinated and not letting unvaccinated dogs roam freely.”
犬咬傷件数は2013年の間に減少し、(それは)年間を通して1日当たり約100から110件であった、とSuarjayaは述べた。2012年には、犬の咬傷例は1日当たり平均130件だった。2015年に狂犬病清浄化目標を到達することは、”人々が彼らの犬にワクチン接種しワクチン未接種犬を自由に歩き回らせないことの重要性を認識している限り“、不可能な仕事では有りません。  [byline: Ni Komang Erviani]

–communicated by:Lisa Warden
[The failure to achieve complete eradication of rabies virus infection from both canines and humans on the Indonesian island of Bali is disappointing but not entirely unexpected.
Adequate supplies of vaccine appear to be available now. Surveillance, however, will remain a problem.
[インドネシアのバリ島において犬と人両方から狂犬病ウイルス感染を完全に根絶出来なかったことは残念ですが、明らかに予想されたことです。
ワクチンの十分な供給が現在利用可能であるように思われます。ただし、サーベイランスは問題が残ります。

Visitors to the island of Bali should be aware of the continuing problem of canine and human rabies and should take care to avoid free-roaming canines and to seek vaccination immediately if bitten.
バリ島への訪問者は、犬と人間の狂犬病の継続的な問題を認識しておく必要があり、自由に歩きまわる犬を回避して噛まれた場合はすぐにワクチン接種を求めるように注意する必要があります。

PageTop