Home >News > ProMED翻訳情報(258回) ~イスラエルで発生した狂犬病3例~

ProMED翻訳情報(258回) ~イスラエルで発生した狂犬病3例~

2014.05.29

RABIES, ANIMAL – ISRAEL (03): NORTH, BOVINE, JACKAL, HUMAN EXPOSURE, REQUEST FOR INFORMATION
************************************************************************************
Date: Tue 1 Oct 2013
Source: Circular, Field Veterinary Services – Israel [in Hebrew, trans. Mod.AS, summarised, edited]

Rabies events Nos. 21, 24, 25
狂犬病事件Nos. 21, 24, 25
—————————–
Event 1.
事件1.

On Sun 25 Aug 2013, a jackal entered the premises of Kibbutz Ortal, an agricultural village on the Golan heights (map at ). The animal tried to attack a person, and was driven away without biting; a few hours later, the jackal attacked and bit a person in the orchard near the Kibbutz and was shot and sent to the national rabies laboratory at the Kimron Veterinary Institute, Beit-Dagan. On 26 Aug 2013, the lab diagnosed rabies by fluorescent antibody test (FAT), and the relevant public and animal health authorities were duly notified for prescribed measures to be taken. This event has become Israel’s rabies case No. 21 for 2013.
2013年8月25日(日)に、ジャッカルはゴラン高原の農村(map at )の Ortalキブツの敷地内に入った。動物は人を攻撃しようとし、噛むこと無く追い払われた;数時間後に、ジャッカルはキブツ近くの果樹園で人を攻撃し噛んだ、そして撃たれてBeit-DaganのKimron獣医学研究所(KVI)の国立狂犬病研究室に送られた。2013年8月26日に、研究室は蛍光抗体試験(FAT)により狂犬病と診断し、関連する公衆衛生と家畜衛生当局は正式に取られるべき規定の対策を通知された。この事件は2013年のイスラエル狂犬病症例No.21になっています。

Event 2.
事件2
On Sun 29 Sep 2013, an 11-week-old male calf died on a cattle holding in Beit Zaid (western part of Yezreel valley, map at) after showing clinical neurological signs suspected to be rabies. This happened about 17 days after the animal’s transportation to the farm from Ortal (event 1). The brain was recovered and sent to the KVI on 30 Sep 2013 and was found on the same date to be rabies positive. Reportedly, the calf was not vaccinated against rabies. This has become Israel’s rabies case No. 24 for 2013 (see dynamic and static maps as above; cattle = blue square).
2013年9月29日(日)に、狂犬病が疑われる神経症状を示した後に11週齢の雄の仔牛がBeit Zaidの牛保有地(Yezreel valleyの西部、map athttp://tinyurl.com/p297f4q)で死亡した。これはOrtal (事件 1)から農場に動物を輸送した約17日後に発生した。脳は取り出され2013年9月30日にKVIに送られ狂犬病陽性であることが同日判明した。報告によると、子牛は狂犬病の予防接種を受けていませんでした。これは2013年のイスラエルの狂犬病症例No.24となっている。(上記のように、動的 と 静的 mapを参照;牛=青い四角)

Event 3.
事件3.
On Sun 29 Sep 2013, a male calf, 12 weeks old, on a cattle fattening unit in Kfar Yehoshua (3 km southeast of event case 2, map at) reportedly showed neurological signs suspected to be rabies. This happened about 12 days after the animal was brought from the farm of event 2, most probably belonging to the same transport from Ortal (event 1). The animal was euthanised; the brain was recovered and sent to the KVI on 30 Sep 2013 and was found on the same date to be rabies positive. Reportedly, the calf was not vaccinated against rabies.
This has become Israel’s rabies case No. 25 for 2013 (see dynamic and static maps as above; cattle = blue square).
2013年9月29日(日)に、Kfar Yehoshua(事件2の症例の3km南東, map at)の肥育牛集団の12週齢の雄仔牛は、報告によれば狂犬病が疑われる神経症状を示した。おそらくOrtal (事件 1)から同じ輸送機関に所属し、動物が事件2の農場より運ばれた約12日後に発生した。動物は安楽死され;取り出され2013年9月30日にKVIに送られて狂犬病陽性と同日に判明した。報告によると仔牛は狂犬病予防接種を受けていませんでした。
これは2013年のイスラエル狂犬病事例No.25になっています(上記のように動的 と 静的 mapを参照;牛=青い四角)

The dates of the calves’ transports from the Ortal dairy operation during August and
September 2013, their numbers, their destinations in Israel, and the current health status of all transported calves at the destined farms in several locations are under investigation.
2013年8月から9月の間のOrtal酪農事業所からの仔牛の輸送期日、その数、イスラエル内の行き先、および別々の場所の向かった先の農場にいるすべての輸送された仔牛の現在の健康状態は調査中である。

[The Ortal dairy operation is one of Israel’s largest and most modern ones. Male calves leave the operation at the age of a few weeks to be fattened in other locations throughout Israel. It may be assumed that during the incident of 25 Aug 2013 (No 21), when a rabid jackal entered Kibbutz Ortal’s premises, its entrance into the cattle barn/yards was probably not noticed and/or possibly not suspected.
Similarly, bites or abrasions in cattle may have remained unnoticed.
However, this issue has yet to be cleared up.
[Ortal酪農事業所はイスラエルの最大かつ最も近代的なものの一つです。雄の仔牛はイスラエル国中の他の場所で肥育されるためわずかの週齢で事業所を離れます。狂犬病のジャッカルがOrtalキブツの敷地内に侵入した2013年8月25日(No 21)の事件中、牛の納屋/囲い地へのジャッカルの侵入はおそらく気づかれていないか、または疑われていなかった可能性がある。同様に、牛の咬傷や擦過傷は気づかれないままであった可能性があります。
しかし、この問題はまだ解決されていない。

Golan, bordering Syria, has been rabies stricken since 2009; see detailed commentary in posting 20130909.1933192. The number and species of rabid animals on the Golan during 2013 can be seen in the dynamic and static maps (URLs in the posting above).
シリアと国境を接するゴラン高原は2009年より狂犬病に襲われている; 告示の20130909.1933192で詳細な解説を参照してください。2013年におけるゴラン高原での狂犬病の動物の数と種は、動的 と 静的mapsで見ることが出来ます(上の記録におけるURL)。

Generally, all cattle, other food animals and domestic animals on the Golan heights are included in a comprehensive rabies vaccination scheme. It will be interesting to note why the rabid calves were not vaccinated; the age of initial offspring vaccination probably depends upon the duration and rate of maternal (colostrum-derived) immunity.
一般的には、ゴラン高原にいるすべての牛、他の食用動物と飼われている動物は、包括的な狂犬病狂犬病ワクチン接種計画に含まれています。なぜ狂犬病の仔牛が未接種だったか特筆することは興味深い;最初の仔牛のワクチン接種年齢はおそらく母親由来の(初乳由来)免疫の持続期間と抗体価に依存する。

Public-health-related aspects of this event are also to be addressed, particularly the potential exposure and treatment possibly undertaken(vaccination) of cattlemen, veterinary practitioners and other professionals who may have handled the calves. Similarly, information on precautionary measures in those handling other animals from the Golan, anywhere, will be helpful.
この事件の公衆衛生関連の側面は、特に牛を世話した可能性がある牧畜業者、開業獣医師、他の専門家への曝露の可能性とワクチン接種を追求することである。同様に、ゴランからの他の動物を扱うものでの予防措置に関する情報は、どの程度にせよ役立つでしょう。

According to updated Israeli Animal health directives, food animals are not allowed to be moved from rabies-exposed premises for 90 days if they are unvaccinated and for 45 days if vaccinated.
更新されたイスラエル動物衛生指示(文)によると、食用動物はワクチン未接種なら90日間、ワクチン接種済なら45日間狂犬病曝露施設より移動することは許されない。

Results of the epidemiological investigation are anticipated with interest. – Mod.AS
疫学調査結果は興味をもって期待されている。- Mod.AS

PageTop