Home >News > ProMED翻訳情報(261回) ~ジンバブエで発生した人の狂犬病による死亡事例~

ProMED翻訳情報(261回) ~ジンバブエで発生した人の狂犬病による死亡事例~

2014.06.03

RABIES – ZIMBABWE: (MANICALAND) HUMAN, CANINE
*********************************************
Date: Fri 7 Mar 2014  Source: Manica Post [edited]

A Rusape [Makoni District, Manicaland Province] family was robbed of its child, who died after succumbing to a rabies infection following the minor’s attack by a rabid dog. The rabid dog that bit the minor is said to have attacked several other dogs in the town’s surrounding farming area, raising a rabies scare and serious concerns over the safety of children. Makoni District Medical Officer Dr Alfred Kumbirai on Wednesday [5 Mar 2014] confirmed the minor’s death. “It is true we had a case in which a minor died of rabies, having been attacked by a
rabid dog,” said Dr Kumbirai.
Rusape[Makoni地区, Manicaland州]在住の家族が、子供を失った。その子供は、狂犬病犬に襲われて狂犬病で亡くなった。その子供を咬んだ狂犬病犬は、その町の周囲の田園地帯で狂犬病の恐怖の増大と子供たちの安全性が懸念されている地域において、他の数頭のイヌに襲われていたといわれている。Makoni地区の医務官であるDr Alfred Kumbiraiが水曜(2014年3月5日)にその子供の死亡を確認した。「我々が狂犬病犬に襲われた子供が狂犬病により死亡した症例を診たのは事実である。」とDr Kumbiraiは語った。

Dr Kumbirai could not furnish this paper with finer details of the case and referred further questions to Rusape General Hospital’s medical superintendent, Dr Tembo. Dr Tembo refused to comment and asked this publication to approach the administrator, Mr Ngwaru, who is not a medical expert, to comment on the story. Sources at the hospital also confirmed that the minor succumbed to the infection a fortnight ago [around 21 Feb 2014].
Dr Kumbiraiは、この事例に関するより詳細な報告書を届け出ることができなかった。そして、それ以上の質問についてRusape General Hospitalの院長であるDr Temboに照会した。Dr Temboは、コメントすることを断り、医療専門家でない行政官であるMr Ngwaruにその話に関するコメントを得るためにこの報告を尋ねた。その病院の広報もまた、その子供が2週間前[2014年2月21日前後]に感染により死亡したことを確認した。

“The child was delirious. Her parents delayed in seeking medication,and by the time they eventually did so, the situation was helpless. As you know, rabies is not curable. There was foam coming out of the mouth. The child regularly went into shock. The child was shaking and
very agitated,” said a source at the hospital.
“その子供は精神錯乱状態であった。彼女の両親は治療を求めるのが遅れ、結局ついに治療を受けたときには、病状は救いようのないものだった。御存知のとおり、狂犬病は治癒できない。口から泡沫が出てきていた。その子供は定期的にショック状態に陥った。その子供は震えており、とても興奮していた。と、病院の広報は話した。

Last year [2013] another child succumbed to rabies as a result of the bites. [Not recorded by OIE.]
昨年〔2013年〕別の子供が咬傷事故の結果として狂犬病により死亡した。(OIE未登録)

Children are at particularly higher risk because of their proximity to domestic animals. Shots given immediately after contact with saliva from a rabid animal can easily prevent death. But once symptoms appear, treatment is useless.
子供は、飼育動物に近づきやすいので特に危険度が高い。狂犬病動物の唾液との接触後迅速な予防接種は、死亡を容易に防ぐことが出来る。しかし、ひとたび症状を発症してしまえば、治療は用を成さない。

Statistics at hand show that Buhera has recorded 128 bites by vaccinated dogs, 97 by unvaccinated dogs and 280 by dogs whose vaccination status is unknown. At 505 bites, Buhera becomes the most risky district. Chimanimani has recorded 190 bites, Chipinge 312 bites, Makoni 501 [where the child presumably lived and was exposed.],Mutare 484, Mutasa 454, Nyanga 229, Mutare City 132.
手元の統計がBuheraにおいて128件のワクチン接種犬、97件のワクチン未接種犬及び280件のワクチン接種状況不明犬による咬傷事故が記録されていることを明らかにしている。505件の咬傷事故ということで、Buheraは最も危険な地域になっている。Chimanimaniにおいては190件の咬傷事故が、Chipingeにおいては312件、Makoni501件(おそらくその子供が住みまた暴露された所)Mutare 484件, Mutasa 454件, Nyanga 229件, Mutare City 132件がそれぞれ記録されている。

Efforts to get a comment from the provincial veterinary officer, Dr Charles Guri, were fruitless as his mobile phone went unanswered.Sources at the provincial offices said Dr Guri was attending a training workshop in Harare.
その州の獣医官吏であるDr.Charles Guriからのコメントを得ようとする努力は、かれの携帯電話がつながらなかったために徒労であった。その州事務所の広報によれば、Dr.Charles Guriは、Harareで開催されている研修会に出席していた。

It was not immediately clear if the department had moved in to kill the infected dogs or conducted mass vaccinations.
当局が、感染犬を殺処分したのかまた大規模なワクチン接種事業を行ったのかは直ちに明らかでなかった。

[In 2012, the last year for Zimbabwe provincial rabies data provided to OIE, there were 160 animal rabies cases reported from every province; there were only 1st 6 months reports for Manicaland Province, and those involved 2 jackals and 1 dog, and no reports at all for July through December. Zimbabwe has not provided OIE with any data for 2013. The usual status of the human disease in the country is”+” but without any numbers except for 2007, when there were 7 human deaths. So I think we can safely presume that this is a serious zoonotic problem awaiting proper management. The news report was very polite when it stated, “It was not immediately clear if the department had moved in to kill the infected dogs or conducted mass vaccinations.” It is not stated whether the attack dog was caught and tested for rabies. Absence would suggest that this did not happen.
2012年、ジンバブエの州の狂犬病データがOIEに届けられた。すべての地方で160の動物狂犬病事例が報告された;Manicaland地方における最初の6ヶ月間の報告のみが存在し、それには2頭のジャッカルと1頭の犬を含んだ。また、7月から12月までの期間については全く報告されなかった。ジンバブエは、2013年にはOIEにいかなるデータも報告しなかった。その国(ジンバブエ)における人狂犬病事情は“+”であるが、7名の死亡者があった2007年を除いてはいかなる数字もない。だから、私は、これは適切な管理が待たれる深刻な人獣共通感染症の問題であると推測できると思う。そのニュースは、“当局が感染犬を殺処分したのか大々的なワクチン接種を行ったのかは直ちに明らかでなかった。”と発表した時、とても建前的なものであった。攻撃的な犬は捕獲され、狂犬病の検査をされるのかどうか発表していない。沈黙は、これが行われなかったことを示唆しているだろう。

Urban rabies is readily and cheaply controlled by annual vaccination of dogs. Wildlife rabies control is more complicated and expensive as it involves oral vaccination using baits designed to attract the target species (singular or plural) that is driving the problem. This has been achieved by a number of countries in Europe, and the US and Canada.
都市型狂犬病は、犬への毎年のワクチン接種によりたやすくまた安価にコントロールされる。野生動物の狂犬病制御は、問題を起こしている対象動物種(単種又は複数種)の興味を引くように設計された餌を用いた経口ワクチンを必要としているので、より複雑で費用もかかる。これは、ヨーロッパの多くの国々、アメリカ合衆国、カナダで成し遂げられている。

PageTop