Home >News > ProMED翻訳情報(262回) ~バリ島の現状~

ProMED翻訳情報(262回) ~バリ島の現状~

2014.06.03

RABIES – INDONESIA (03): (BALI) CANINE, HUMAN
*********************************************
Date: Sun 6 Apr 2014  Source: Bali Discovery Tours [edited]

The appearance of as many as 4 suspected rabies cases among Bali’s human population in 2014 means that Bali will fail to meet its target of being rabies-free by 2015. While Bali managed to go for almost a year without a new case of rabies among its human population, the recent re-emergence of rabies infections and at least 2 fatalities in Buleleng, North Bali, mean the earliest that Bali can now be free of the disease is 2016.
2014年にバリ島で4名もの狂犬病疑症例の発生は、バリが2015年までに狂犬病フリーにするという目標を達成することに失敗したということを意味する。バリ島はヒトの新たな狂犬病症例なしにほぼ1年間がどうやら過ぎたけれど、バリ北部のBulelen県における最近の狂犬病再興及び少なくとも2名の死亡者は、バリ島が狂犬病フリーになることができるのが最も早くて2016年であることを意味している。

After decades of being rabies-free, the dreaded disease appeared again in Bali in 2008 and has claimed an estimated 147 victims since then.
In 2014 there have already been 4 cases of suspected rabies among
residents of Bali and a large number of confirmed cases in the canine populations.

Health authorities bemoan the low level of public understanding and cooperation in with the government in combating the disease, chiefly among villagers reluctant to have their animals vaccinated against rabies.
狂犬病フリーの10年後、その恐ろしい病気は2008年に再びバリ島に発生し、そのときから147名と推定される犠牲者の命を奪った。2014年、バリ島住民の間ですでに4名の狂犬病疑症例が存在し、犬集団に多くの症例が確認された。
 衛生当局者は、狂犬病対策において人々の理解および政府との共同のレベルの低さを嘆いている。なかでも、村民達が彼らの動物に狂犬病ワクチンを接種することを嫌がっていると嘆いている。

[This adds 2 more human cases since our previous report; see ProMED-mail archive no. 20140218.2285127. The pessimistic comment above by the Balinese Health authorities in this report, passing the blame for ineffective vaccination back to the public, suggests a lack of bureaucratic confidence. In this context, the remarks by Lisa Warden, director of DOGSTOP, are very relevant and to the point; see ProMED-mail archive no. 20131227.2139040.Thus the numbers of dogs
diagnosed with rabies in Bali — over 12 months in 2010, it varied from 10 to 65; only 6 in January 2011 but nothing for the rest of that year; for 6 months (June through December) in 2012, from 5 to 15 dogs;with no dogs for 2013 and 2014 — is indicative of a severe ongoing problem even when one accepts that dead dogs were almost certainly ignored. Until they can get their canine vaccination act together,human rabies is going to continue to take a tragic and unnecessary toll.
我々の以前の報告以来さらにこの2名の追加について; ProMED-mail 公文書no.20140218.2285127を参照のこと。この報告中でバリ衛生当局による上述のその悲観的なコメントは、人々への無効なワクチン接種に対する非難を無視しており、官僚的信頼の欠如を示唆している。この状況で、DOGSTOP会長のLisa Wardenの意見は、とても適切で的を得たものである;ProMED-mail 公文書 no. 20131227.2139040を参照。バリにおける狂犬病と診断された犬の頭数は、2010年で10から65頭と様々であった;2011年1月にはたった6頭であったが、その年の残り期間には発生がなかった。2012年の6ヶ月(6月から12月)には5頭から15頭であった;2013年及び2014年には発生がなかった。が、死亡した犬がほぼ確実に無視されているという深刻で進行中の問題を暗示している。彼らが犬のワクチン接種活動を連携して行うことができるまで、人狂犬病は悲劇的で無益な犠牲を引き起こし続けるだろう。

PageTop