Home >News > ProMED翻訳情報(263回) ~バリ島の狂犬病対策に関する意見(2題)~

ProMED翻訳情報(263回) ~バリ島の狂犬病対策に関する意見(2題)~

2014.06.03

RABIES – INDONESIA (05): BALI, CANINE
*************************************
[1]
Date: 16 Apr 2014  From: Lisa Warden

The main shortcoming [with] anti-rabies efforts in Bali has been the failure to put a stop to dog culling, which has been widespread, and undertaken both by [official agencies], and private citizens. Herd immunity against rabies simply cannot be established in the free-roaming dog population in a climate of ongoing culls. And in a place like Bali, where the free-roaming dog population numbers in the hundreds of thousands, there is no shortcut to the diligence required to achieve 70 percent anti-rabies vaccine [ARV] coverage. The 2nd shortcoming follows directly, and that is inadequate anti-rabies vaccination coverage of the local dog population, along with too little on-the-ground monitoring of vaccination campaigns and no verification of reporting.

バリ島で狂犬病を防止する努力における大きな欠点は、イヌの淘汰を止めることが出来ず、それが広まり、さらにそれらが公的機関と市民の両者で行われていることである。狂犬病に対する集団免疫は、単に淘汰が進む中での、野良犬の群において単純に成し遂げられるわけではない。そして、野良犬が数十万頭単位でうろついているバリ島のようなところでは、抗狂犬病のワクチン接種率70%達成のための努力に通じる近道はない。第2の欠点がこの後に続く。それは、あまりに小規模なモニタリングに立脚したワクチン接種キャンペーンと、そのレポートの検証を全く行わないことに加えて、その地域のイヌの頭数に対する不適切な狂犬病ワクチンの接種の範囲である。

A recent case in point of scattershot implementation was the killing of more than 10 dogs by [the local authorities] in a village in Tianyar in Karangasem district after a man was bitten by a rabid dog on 13 Mar 2014. The dog died on the day itself. Samples sent for analysis came back positive for rabies. The man began post-exposure shots. A trip to the area soon after the cull revealed that many of the surviving local dogs were not wearing yellow collars (a yellow collar is put on dogs at the time of ARV.)

最近の無差別(淘汰の)例では、Karangasem地区のTianyarにある村で、2014年3月13日に一人の男性が狂犬病のイヌに咬まれた後、10頭以上のイヌが [地域の当局者により]殺されたというものである。その(咬みついた)イヌはその日のうちに死んだ。診断のために送られたサンプルについては、狂犬病陽性という結果が返された。その男性は、暴露後の(ワクチン)接種を受け始めている。この後、黄色を纏っていない(ワクチン接種の際、イヌに黄の着色がなされる)その地域の生き残りのイヌが、淘汰が起こった(空白の)地域へ直ちに移動したことが明らかになっている。

Further, a man in the area died after he was attacked by his pig.
Neither the pig nor the deceased was tested for rabies, as far as I have been able to determine.

さらに、この地域では一人の男性が、彼の(飼っていた)ブタに襲われたのちに死んでいる。私が調べるまでは、ブタも死亡者も狂犬病の診断を受けていなかった。

The theoretical model for eradicating rabies in Bali is sound. The problem is precisely that the model in question has not been adequately implemented. As a result, human and animal rabies deaths continue.

バリ島における狂犬病撲滅のための論理的なモデルというのは信頼できる。問題は、まさに当のモデルが適切に実行されていないということである。結果として、ヒトも動物も狂犬病によって死に続けることとなる。≪Dr. Lisa Warden  Director, DOGSTOP≫

******
[2]
Date: 16 Apr 2014  Source: Bali Advertiser

Dogs have recently been found that are positive for rabies in both Tabanan and Karengasem regencies.

最近、TabananとKarengasemの両地区で、狂犬病陽性のイヌが発見されている。

Head of the Horticulture Department in Tabanan Ni Ketut Warsiki confirmed on Sun 6 Apr 2014 that dogs from Sekartaji village had been tested for the disease and were confirmed positive for rabies. The tests were conducted after a stray dog had bitten a villager. The animal in question has since been destroyed.

Tabananにある園芸局の長であるNi Ketut Warsikiは、Sekartaji村からの犬が狂犬病陽性と診断されたことを、2014年4月6日(日曜日)に確認した。この診断は、一匹の野良犬が村人に咬みついた後になされた。この動物は、その後殺された。

Warsiki cautioned that if people owned a pet dog, then they should have the dog vaccinated and keep the animal at home. He warned, in light of recent events, that mass dog culling would probably take place shortly, and all stray dogs would be destroyed.

Warsikiは、もしペットとして犬を飼っているのであれば、ワクチンを接種し、家の中に留めておくべきだと注意した。最近起こった事例を考慮して、間もなく大規模なイヌの淘汰が行われ、全ての野良犬は殺されるだろう、と彼は警告した。

Communicated by:Lisa Warden  Director, DOGSTOP

[Random culling only temporarily reduces the numbers of unvaccinated dogs while significantly upsetting the owners — even strays have people who feed them and depend on these dogs to watch for them — and scattering the dogs.

無差別な淘汰は、一時的に(狂犬病の)ワクチン接種を受けていないイヌの数を減らすが、一方で飼い主たちを動揺させ―野良犬さえにも、えさを与え、彼らをいつも見ていて、心のよりどころとしている人々がいる―そして、イヌたちは散らばってしまう。

Many years ago, I was introduced to efficient rabies control and eradication by my PAHO colleague Eutemio Gonzales, the PAHO Regional Rabies Control officer. With his Brazilian counterparts, he would have them deploy teams of otherwise unemployed men to vaccinate dogs, going house to house and putting a coloured collar on each vaccinated dog.
Come back a week later, and the neighbourhood kids would show and find you any and all dogs not wearing a collar and needing to be vaccinated. Because of the canine seasonal breeding pattern, it would be timed when the pups were old enough to be vaccinated but still with their mothers. Three annual vaccinations, and rabies would be gone, and thereafter only maintenance vaccination was needed. And, frankly, for any veterinary public health officer, this is not complicated and reflects a basic competence, similar to bovine mastitis control provided by any competent veterinary large animal clinician. It is not difficult.

何年か前、私はPAHO(Pan American Health Organization)(において)地域狂犬病制御官で、PAHO の同僚であるEutemio Gonzalesによる効果的な狂犬病制御と撲滅を導入した。彼のブラジル人仲間とともに、失業者を雇い、イヌに予防接種をするためのチームを展開し、家々を回り、接種を受けたイヌには色つきの首輪をつけた。
 一週間がたつと、近所の子どもたちが、首輪をしておらず、ワクチン接種が必要であるイヌを見つけてくるようになった。イヌ(の子育てに)は季節性の繁殖パターンがあるため、子犬がワクチン接種を受けられるほど大きくなったとしても、まだ母親と一緒にいるような場合には、接種は見送られる。年1回のワクチン接種が3回行われれば、狂犬病はなくなるだろうし、あとは免疫を維持するためのワクチン接種が必要なだけである。率直に言って、公衆衛生に関わるいかなる獣医官にとっても、これは複雑ではなく、基本的なことであり、有能な大動物の臨床獣医師がウシの乳房炎を抑えることができるのと同様である。それは難しいことではない。

PageTop