Home >News > ProMED翻訳情報(265回) ~イスラエルで発生したオオカミからの被害~

ProMED翻訳情報(265回) ~イスラエルで発生したオオカミからの被害~

2014.06.26

RABIES – ISRAEL (02): (HAZAFON) WOLF, HUMAN
狂犬病 – イスラエル(02) : (HAZAFON) オオカミ、ヒト
*******************************************
Date: Fri 7 Mar 2014  Source: Haaretz [summ., edited]

An apparently rabid she-wolf terrorized the residents of Tiberias [HaZafon District] on Thursday [6 Mar 2014], biting 11 of them before being shot dead by an emergency services volunteer.
外見上狂犬病と思われる雌のオオカミは、Tiberias[HaZafon地区]の居住者を恐れさせていて[2014年3月6日]、救急サービスボランティアによって撃ち殺される前に居住者の11名を咬んだ。

The attacks began in the morning and continued for hours into the afternoon, as Tiberias police and municipal inspectors swept the area to apprehend the biting beast.
Tiberiasの警官と市の検査官がその咬みつく動物を捕えるためにその地域に殺到する間、その攻撃は午前中に始まり午後まで何時間も継続した。

A volunteer with United Hatzalah of Israel, an independent emergency medical service, spotted the she-wolf Thursday afternoon and shot it to death. The animal’s remains were being transferred to the Agriculture Ministry’s Veterinary Services unit to determine what it was infected with.
独立した救急医療チームであるイスラエルユナイテッドHatzalahのボランティアは、木曜の午後に雌オオカミを発見し撃ち殺した。動物の遺体は、何に感染していたのかを特定する為に農業省の獣医業務部門に移されていた。

For hours, officials and Tiberias residents were unsure whether the animal was a rabid dog or jackal. One of the victims, Kobi Itzik, said he was at the Tiberias hotel where he works when he saw a woman who got bitten on her arm and leg.
何時間もの間、職員とTiberiasの居住者は動物が狂犬病で発病した犬かそれともジャッカルであるかについて不確かであった。犠牲者の一人である Kobi Itzikは、腕と足を咬まれた女性を見たとき、彼は自身が働いているTiberiasホテルにいたと語った。

“It really looked like a wolf, not a dog, and then he jumped on me and bit my leg,” Itzik said. “I struggled with the animal and slammed it against a wall, but it wouldn’t get off me; it was really strong. Then it ran off, and later I realized that it bit other people as well.”
“それはイヌではなく、実際にオオカミのように見えた。次に、私にとびかかってきて、私の足を咬んだ”、とItzikは語った。”私はその動物と戦い、それを壁に激しくたたきつけたが、それは私から離れなかった;本当に強かった。その後それは逃げたが、さらに他の人を咬むであろうと思った。”

Last year [2013], a similar incident occurred in the central Golan Heights [HaZafon District], when a rabid dog bit 9 youths hiking in the area. They were vaccinated against rabies [as] were their friends who treated their wounds.
昨年[2013年]、狂犬病のイヌが中央ゴラン高原をハイキング中の若者9人を咬んだ同様の出来事が起こった。彼らは、彼らの傷を治療した友人に狂犬病予防接種をしてもらった。

The number of rabies cases in Israel has grown in recent years, mainly in northern Israel. In 2007, 15 cases were reported, while 58 were reported in 2009. Last year [2013], the number of cases dropped to 29.
イスラエルの狂犬病症例数は、主としてイスラエル北部で近年増大している。2007年に15例が報告され、2009年に58例が報告された。昨年[2013]、症例数は29例に減った。

Around 60 000 people die annually from rabies [worldwide] despite the fact that it is preventable with appropriate medical care [post exposure].
それが適切な医療[曝露後]で防止できるという事実にもかかわらず、[世界中で]毎年およそ60000人が狂犬病で死んでいる。  [Byline: Eli Ashkenazi]

[Tiberias, pop. 41 678 (as of December 2011), is situated on the western shore of Lake Tiberias. The city, established 20 AD, was named after the Roman emperor Tiberius. The described event, within an urban environment, is rather unusual.
(thanks to Dr Boris Yakobson for drawing this to our attention).
[ (2011年12月時点で)人口41,678人のTiberiasは、Tiberias湖の西岸に位置している。西暦20年に造られたこの都市は、ローマの皇帝Tiberiusにちなんで名づけられた。記載された出来事は、都会の環境内ではかなり珍しい
(Boris Yakobso博士、私たちの関心を引きつけさせてくれてありがとう)

Until 2004, rabies was sylvatic in Israel, foxes being the vectors.
The disease underwent a drastic change following the statewide implementation of oral rabies vaccination (ORV) of foxes and jackals.
Since 2004, the project covers most parts of the country, practically eliminating cases in foxes.
During the (recently started) 2014 annual operation, the dispersion rate will be 16-20 baits per square km.
2004年まで、イスラエルにおいて狂犬病はキツネを媒介者とする森林型だった。
キツネとジャッカルの経口狂犬病ワクチン(ORV)の州全体での実施の後で、その病気は飛躍的な変化を受けた。
2004年以来プロジェクトは国の大部分をカバーしており、キツネはほぼ排除されている。
(最近始められた)2014年一年間の活動では、散布率は、1平方km当たり16-20個のバイトになるだろう。

Since 2009, a surge-up of rabies has been reported from northeastern Israel on the border with Syria, in spite of the oral vaccination.
経口ワクチンを使用しているにもかかわらず、2009年以来、狂犬病の急増はシリアとの国境の北東イスラエルから報告されている。

This has been found to be caused by the penetration of rabid stray dogs, and probably also wolves from Syria, infecting local pets (if unvaccinated) and susceptible domestic ungulates, particularly cattle, with the canine virus.
これは狂犬病の放浪犬とおそらくオオカミのシリアからの侵入によって引き起こされていることが分かっている。それらは犬由来ウイルスで地元のペット(ワクチンを受けていない)および感受性のある飼育されている有蹄動物、特にウシを感染させる。

The current case has already been lab-confirmed, becoming the 3rd since the start of 2014; the previous cases involved a badger and a co . On 4 Feb 2014, the Israeli State Veterinary Services declared a zone in northeastern Israel as a “high rabies risk” zone, within which livestock (cattle, sheep, goats,horses) are recommended to be preventively vaccinated against rabies (dog annual vaccination is compulsory throughout Israel). The geographic boundaries of the ‘zone’ have been based upon the distribution of rabies cases in animals during 2012-2013. The current event in Tiberias is outside the ‘zone’.
2014年の最初から数えて3番目である最新の症例は、すでに研究室で確定されている;先の症例はアナグマとウシに関連したものであった。2014年2月4日、イスラエル国立獣医部門はイスラエル北東部を”狂犬病ハイリスク”地域と宣言した。地域内において、家畜(ウシ、ヒツジ、ヤギ、ウマ)に対して狂犬病ワクチンを予防的に接種することを推奨している(イヌの毎年のワクチンはイスラエルでは強制的である)。’地域’の地理的な境界は、2012年から2013年の間の動物の狂犬病症例の分布に基づいている。Tiberiasにおける最新の事例は’地域’外である。

The number of lab-confirmed rabies cases in various animal species in Israel during the years 2002-2013 is included in the following table.
During these years, 8 cases involved wolves (there is an endemic wolf population in the Golan area).
2002-2013年の間のイスラエルの様々な動物種における、研究室において確定した狂犬病症例数は以下の表に含まれている。
これら数年間の間に、8例のオオカミの症例が含まれている(ゴラン高原には狂犬病が風土病として流行しているオオカミの個体群が存在している)。

Year: dog / cat / fox / jackal / wolf / mongoose / marten / cattle / camel / goat / horse / donkey / sheep / badger / other / Total
2013: 17 / – / – / 1 / 1 / – / – / 8 / – / – / 1 / – / – / 1 / – / 29
2012: 12 / – / 1 / 2 / – / – / – / 8 / – / – / – / – / 1 / – / – / 24
2011: 10 / 1 / – / 5 / 1 / – / – / 9 / – / – / 2 / – / 2 / 2 / – / 32
2010: 23 / 3 / 1 / 12 / 2 / – / – / 9 / – / – / – / – / 4 / – / – /
54
2009: 32 / 1 / 3 / 10 / 1 / – / 1 / 7 / – / – / – / 1 / 2 / – / – /
58
2008: 6 / – / 2 / 2 / – / – / – / 1 / – / – / – / – / 1 / – / – / 12
2007: 8 / – / 4 / 1 / – / 1 / – / 1 / – / – / – / – / – / – / – / 15
2006: 6 / – / 1 / – / – / – / – / 1 / – / – / 1 / – / – / – / – / 9
2005: 20 / 1 / 1 / – / 2 / – / – / 9 / – / – / – / – / – / 1 / – / 34
2004: 1 / 1 / 20 / 1 / – / – / – / 3 / – / – / – / – / 1 / – / 1
(antelope) / 28
2003: 5 / 1 / 45 / – / 1 / – / – / 3 / 2 / – / 1 / – / – / – / – / 68
2002: 16 / 1 / 40 / 2 / – / – / 2 / 1 / 1 / – / – / 1 / – / – / – /
64
年 イヌ ネコ キツネ ジャッカル オオカミ マングース テン ウシ ラクダ ヤギ ウマ ロバ ヒツジ アナグマ 他 計
2013 17 0 0 1 1 0 0 8 0 0 1 0 0 1 0 29
2012 12 0 1 2 0 0 0 8 0 0 0 0 1 0 0 24
2011 10 1 0 5 1 0 0 9 0 0 2 0 2 2 0 32
2010 23 3 1 12 2 0 0 9 0 0 0 0 4 0 0 54
2009 32 1 3 10 1 0 1 7 0 0 0 1 2 0 0 58
2008 6 0 2 2 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 12
2007 8 0 4 1 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 15
2006 6 0 1 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 9
2005 20 1 1 0 2 0 0 9 0 0 0 0 0 1 0 34
2004 1 1 20 1 0 0 0 3 0 0 0 0 1 0 1 28
2003 5 1 45 0 1 0 0 3 2 0 1 0 0 0 0 68
2002 16 1 40 2 0 0 2 1 1 0 0 1 0 0 0 64

No human case of rabies has been recorded in Israel since 2003.
2003年以来、イスラエルにおいてヒト狂犬病は全く記録されていない。

PageTop