Home >会について > 推薦の言葉

推薦の言葉

推薦の言葉

岐阜大学名誉教授 源 宣之

臨床獣医師を中心とした「狂犬病臨床研究会」が立ち上がりました。人獣共通感染症に関する学会・研究会は他にも多数存在しますが、臨床獣医師が中心となる研究会はこれが初めてではないでしょうか。これは、万一我が国に狂犬病が再興したとしたら、最初に罹患動物と接触する、さらに流行拡大を阻止する重要な立場になるのが臨床獣医師であるからです。

狂犬病は、我が国の周辺国を含めた世界中で人と動物が毎年約10万件以上も発生している致死的感染症で、我が国にも何時侵入してもおかしくない状況にある疾患です。幸いなことに我が国は約50年間発生していません。しかし、このことが獣医師、医師を含めた国民のほとんどが、本病の怖さや病勢を忘れさせています。感染症における初動活動の重要性は、SARSやトリインフルエンザを持ち出すまでもなく明らかなことです。

本研究会は、臨床獣医師が本病の臨床診断技術や予防措置を研鑽する場であり、国民に啓発する場でもあります。

多くの獣医師が参加されることを期待しております。